review

今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない

ディズニーのファンタジーアニメ『アナと雪の女王』(クリス・バック+ジェニファー・リー監督、2013年)が3月4日、『土曜プレミアム』(フジテレビ系)で初めて地上波で放送される。

いろいろ新しかった『アナ雪』


『アナと雪の女王』は日本を含む世界各国で好意的に受け入れられた。
日本では、《日経トレンディ》の「2014年ヒット商品ベスト30」で『妖怪ウォッチ』を抑えて1位となった大ヒットコンテンツだ。

ダブルヒロインという設定もディズニー史上初なら、異性に承認されることを着地点としないエンディングもディズニーヒロイン史上新しかった。

そしてなにより、エルサ(イディナ・メンゼル)の劇中歌”Let it Go”(アカデミー賞歌曲賞)を世界中のファンが歌って動画をYouTubeにアップし、コピーライトに厳しいディズニーがこれを事実上黙認することによって、作品のプロモーションになってしまったのも、またエポックメイキングな現象だった。
コンテンツがコミュニケーションツールとなることを、世界規模で証明してみせた作品だ。

「赤い糸」が存在しないプリンセスたち


先述のとおり、本作の着地点は旧来のディズニーヒロインアニメのような「ロマンス」「求婚」ではない。

たしかにヒロインのひとりにははっきりとロマンスが存在するが、それはシンデレラとプリンス・チャーミング、ベルとアダム王子(『美女と野獣』)などの先行する「赤い糸」的なワイルドカードではない。そこが『アナ雪』の魅力だ。

この記事の画像

「今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない」の画像1 「今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない」の画像2 「今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない」の画像3 「今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない」の画像4
「今夜初地上波「アナと雪の女王」卑屈な俺たちは性根を叩き直されるしかない」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク