bit

カレーまんはいつ衰退したのか?中華まんメーカーに聞いてみた

暦の上では春とはいえ、まだ寒い日が続く。

春の訪れが待ち遠しい一方で、去りゆく冬に悔いを残さないよう、存分に食べておきたいものの一つが、中華まんだ。

ところで、昔は中華まんというと、まず肉まん、あんまん、3番手にはカレーまんが位置していた気がする。
しかし、ピザまんが登場するとともに「4大中華まん」になった印象があり、近年は素材にこだわった高級中華まんも人気だ。気づくといつの間にかカレーまんはあまり見かけない存在になっている。
近所の各社コンビニ店舗やスーパーを巡ってみたが、ノーマルの「カレーまん」の扱いはほぼゼロに等しいものだった。

いったいいつから、カレーまんは衰退していったのか。井村屋に聞いた。

「確かに現在は、肉まん、あんまん、ピザまんのウェイトが高く、カレーマンは低いですね」(経営戦略本部)

井村屋では、チルドパックではカレーまんの扱いがあるが、冷凍パックにはない。また、コンビニなどのスチーマー商品としては、普通のカレーまんがあるものの、本格派の「ゴールド」シリーズには肉まん、あんまん、ピザまんに加えて牛すきまんもあるのに、カレーまんがないのである。
「売上などの詳細なデータは申し上げられませんが、カレーまんはピザまんが出てきてから、少しずつ売上が落ちてきたようです。昔から人気の肉まんと、今も根強い支持があるあんまんに、ピザまんが肉薄する状態になっています。カレーまんは、様々な本格派カレーが出ているという多様化の影響もあるかと思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク