「オイディプス・コンプレックス」という言葉を、ご存知でしょうか? 精神分析学の祖・フロイトにより、「父殺し」が主題のギリシャ神話『オイディプス王』からとって名づけられたこの概念。
子が母の愛を希求するあまり、父に対して強い対抗心を抱くという心理的抑圧を示しており、創作作品の中でも、度々テーマとして用いられています。

息子は父という壁を乗り越えて、一人前へと成長する……。これは現実世界でも見受けられます。
三國連太郎・佐藤浩市親子もその一例。「オイディプスの悲劇」を地で生きた2人は、その愛とも憎ともつかない感情を、何度かメディアの前で披露してきました。

三國連太郎、3人目の妻の子として生まれた佐藤浩市


女性関係が奔放で、生涯に4度の結婚をした三國連太郎。その3人目の妻との間に生まれたのが、息子・浩市でした。浩市が小学6年生のときに、三國は出奔。以来、2人にはわだかまりが生まれます。

俳優になんてならないー。そう浩市は心に決めていたものの、やはり名優の息子。定められし宿命からは逃れられなかったようで、父のマネージャーから紹介されたNHKのドラマ『続・続 事件 月の景色』のオーディションを、何の気なしに受けた結果、見事合格。それだけでなく、いきなり主演に抜擢されます。浩市、19歳の時でした。

あまり接点のなかった三國連太郎と佐藤浩市


父と同じ道へ進んだ浩市でしたが、息子の決断に対する三國の反応は、実に冷淡なものだったといいます。