review

比類なき最終回「カルテット」舞台に空き缶が飛ぶ、それでも4人は演奏する。センキューパセリ

ドラマ『カルテット』の最終話が放映された。いや、良かった。素晴らしかった。

好きな人と好きなことをやりながら生きることに対する力強い肯定。家族のしがらみとか社会の常識とか匿名のヘイトなんかに屈しない生き方。それはものすごく大変で困難が伴うものだ。だから『ドラゴンクエスト』のモチーフが繰り返し示されていたのだろう。人生は不可逆でリセットボタンのない冒険だ。

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、司(松田龍平)、諭高(高橋一生)の4人はカルテットドーナツホールというパーティを組んで冒険の旅に出た。パーティはなかなか上手くいっているようだ。エンディング、ワゴンの中で主題歌「おとなの掟」を歌っている4人の姿の多幸感と解放感たるや!
比類なき最終回「カルテット」舞台に空き缶が飛ぶ、それでも4人は演奏する。センキューパセリ
イラスト/小西りえこ

世間VSカルテットドーナツホール


最終話は9話で真紀が警察に連行されてから半年後の夏から始まる。住民票や免許証を不正に取得した罪で起訴された真紀だが、その後、義父の死に関する疑惑がセンセーショナルに報じられ、「疑惑の美人ヴァイオリニスト」として超有名人になっていた。真紀の頭には白髪が目立つ。

一方、司は真紀の代役として大橋絵茉(松本まりか)というヴァオイリニストを呼び、カルテットドーナツホールの活動を再開しようとするが、着ぐるみ姿で肉の日に演奏する仕事と聞いた大橋は激昂する。

大橋「恥ずかしいと思わないんですか? みなさん、椅子取りゲームに負けたのに、座っているふりしているだけですよね」

真紀とは対照的に声が大きく、はきはきした大橋は何事も白黒はっきりさせるという価値観を持っているようだ。勝ちか負けか、正しいか間違っているか。彼女は社会の常識の代弁者のようでもある。結局、大橋はあっという間に別荘を去る。

真紀について大きく報道されたことで、司が“世界の別府ファミリー”のその他1名であること、すずめが日本中を騒がせた“嘘つき魔法少女”であることも露見していた。諭高について触れた記事がなかったというのが悲しい。元Vシネ俳優なのに。

真紀に執行猶予の判決が下ると、カルテットドーナツホールのウェブサイトには悪意のコメントが殺到した。「犯罪者が演奏する音楽なんて」「お金返して!」「演奏家のクズですね」……。このような匿名の罵倒は、ウェブの世界では見慣れた光景である。

匿名の意見はだいたい極端で、最高か最低か、善人か犯罪者か、偉人かクズか。大橋、マスコミ、匿名の人々。ひっそり暮らしていたカルテットドーナツホールが、真紀の事件をきっかけに白黒はっきりつけたがる世界の人々に見つかってしまったかのようだ。

真紀さんのこと


裁判が終わっても、真紀は別荘に帰ってこなかった。もう真紀が戻ってこないと思った司はカルテットドーナツホールの解散を提案する。

しかし、すずめはそれなら預かったヴァイオリオンを真紀に返したいと言う。これまでのやりとり(特に3話と9話)で、すずめと真紀は強い結びつきを得ていた。すずめはWi-Fiがつながったままだと信じている。3人は真紀が暮らしている団地を探し出し、団地の真ん中で演奏して真紀をおびき出そうとする。音楽でおびき出すって、童話っぽい。

最初、真紀は生活音(洗濯機の音)と外部からの嫌がらせの音に邪魔されて音楽に気づかない。このとき置かれた真紀の状況そのものだ。生活に追われ、罵倒にさらされ、音楽のない日々。それでも一瞬、風がもたらした偶然によって真紀は音楽に気づく。ベランダで音楽を聴く真紀の顔に、初めて太陽の日が当たる。

すずめのようなサンダル姿で外に飛び出し、これまで幾度となく真紀以外の3人が転んでいたのとは逆に真紀だけが転ぶ。これまでは転ばないように(過去が露見しないように)慎重に生きてきた真紀が、今は音楽の前に無防備のように見える。

おなじみの「Music For A Found Harmonium」で子どもたちの歓声を集めるすずめ、司、諭高。それを見ている真紀からも笑みが零れる。真紀から「好き」が零れた瞬間だ。真紀を軽井沢へ連れて帰ろうと抱きつくすずめ。そして諭高がバックハグ! 幸せそうな演奏シーンでちょっと緩んだ涙腺が、ここでまた緩む。仲が良い大人たちっていいなぁ。

ちなみにこのシーン、リハーサルでは司役の松田龍平が「俺は?(笑)」とアピールして、4人で抱き合うシーンも演じてみたのだとか。しかし、「4人だと甘いというかクリアになっちゃうかな」(土井裕泰監督)ということで台本通り3人で抱き合うことになったそう。
比類なき最終回「カルテット」舞台に空き缶が飛ぶ、それでも4人は演奏する。センキューパセリ
イラスト/小西りえこ

でも、やるんだよ!


キリギリスとしての自分を捨てつつある仲間に対して、真紀は大きなホールでコンサートを開くことを提案する。集客のためには好奇の目など「なんでもありません」と胸を張るのは、彼女なりに3人を甘やかしているつもりなのだろう。自分を受け入れてくれた3人へのお返しだ。

そんなとき、カルテットドーナツホール宛に匿名の手紙が届く。手紙の主は4人の演奏を聴いたことがあり、「奏者として才能がない」と断じていた。

あわせて読みたい

  • 「カルテット」視聴率以上の魅力を考察

    「カルテット」視聴率以上の魅力を考察

  • 今夜「カルテット」せつないからの驚愕

    今夜「カルテット」せつないからの驚愕

  • 視聴率復活「カルテット」今夜最終幕

    視聴率復活「カルテット」今夜最終幕

  • 「カルテット」夫婦の真実を描いた神回

    「カルテット」夫婦の真実を描いた神回

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2017年3月22日のレビュー記事
    「比類なき最終回「カルテット」舞台に空き缶が飛ぶ、それでも4人は演奏する。センキューパセリ」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      ひさびさに面白いドラマだった

      23
    • 弦楽器好きです 通報

      終わっちゃいましたねぇ。ミュージックステーション、ドーナッツホール出てくれないかなぁ。

      18
    • しらたきではない 通報

      ピエンロー鍋の具は春雨です。なぜなら中国の料理だから。 http://dezauma.blog113.fc2.com/blog-entry-1006.html

      10
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

    次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    カルテット

    カルテット

    ドラマ「カルテット」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース