90s

槇原敬之vs松本零士、「盗作」騒動を振り返る

槇原敬之vs松本零士、「盗作」騒動を振り返る
※写真はイメージです
『世界に一つだけの花』『どんなときも。』などの名曲を世に残した、シンガーソングライターの槇原敬之。そして『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』等の代表作で知られる松本零士。

そんな一流の実績を残す両者であるが、かつて泥沼の争いを繰り広げたことがある。

似ている? 槇原敬之の歌詞が大騒動に


2006年10月4日に発売されたCHEMISTRYの『約束の場所』。この楽曲は槇原が楽曲提供したものだ。
そして、『約束の場所』にはこんなフレーズがある。

「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」

傍からみると「良い歌詞だな」という印象で終わるが、これに大激怒したのが誰あろう、松本零士。
『銀河鉄道999』のセリフに極似しており、槇原は盗用したと主張したのだ。

ちなみに松本が主張するセリフは、『銀河鉄道999』エターナル編第一話の以下のフレーズだ。

「時間は夢を裏切らない 夢も時間を (決して) 裏切ってはならない」

槇原敬之の"抗議文"「態度は大変不快」


松本が抗議していることを2006年10月19日発売の『女性セブン』が報じ、騒動が明るみとなった。

しかし当初、松本は騒ぎを大きくする予定はなかったようで、当時の日刊スポーツ(06年10月26日)は、 次のように報じている。
「双方は25日、ともに収束させる姿勢を打ち出した。盗作ではないと主張する槙原側がこの日、弁護士と相談して、自分側から法廷闘争などに持ち込まない方針を決定。松本さんも『もともと著作権を争うつもりはなく(歌詞は)私の作品のセリフだと主張したかった。これで終わりにしたい』と話した」

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「槇原敬之vs松本零士、「盗作」騒動を振り返る」の みんなの反応 33
  • 匿名さん 通報

    あの態度はあまりに創造者としての先輩である松本に対して、彼の作品と自分の作品に対しても失礼過ぎた。 槙原はいずれしっぺ返しを受ける時が来るだろう。

    68
  • 匿名 通報

    覚せい剤で逮捕されるようなクズのかたを持つ気は無い。

    52
  • 匿名さん 通報

    松本零士は自意識過剰だから・・・ いい言葉は何でも自分が作ったみたいな変な大物気取りになっちゃった 手塚・石ノ森・横山らが生きていた頃はそこまで態度大きくなかったんだけどね

    42
  • 匿名さん 通報

    どんなにいい曲を作る人でも覚せい剤に手を出した時点で人間失格。曲作りの才能がもったいないなんて論理はただの言い訳。言いようによっては間接的に覚せい剤を肯定していることになる。

    39
  • 匿名さん 通報

    これだけじゃないでしょ、この方は。この件だってどう見たって、ね。

    26
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。