90s

チリ人妻アニータを振り返る!14億円横領事件で話題に、母国で歌手デビューも

昔、明石家さんまが、前妻・大竹しのぶのことを「日本のアニータ」と茶化していました。その様子をたまたまテレビで見たしのぶは怒り心頭。さんまを呼び出し、詰め寄ったといいます。
大竹が怒るのも無理ありません。当時、「アニータ」という固有名詞は、日本国民の間で相当ネガティブなイメージで捉えられていたのですから。

世間に衝撃を与えた巨額横領事件


2001年12月17日。六本木の外国人バー前には、じっと待機する青森県警の刑事が一人。なぜはるばる東京までやってきたのかといえば、指名手配犯の身柄を抑えるためです。

バーから出てきた、お目当てのホシの名前は千田郁司。青森県住宅供給公社の元経理担当主幹を務めた男であり、1993年から2001年にかけて、約14億5900万円にも及ぶ資金を横領した張本人です。

青森市内の店でアニータと出会う


それにしても、14億5900万円とは、とんでもない額です。いったい、千田はこの巨額の資金を何に使っていたのかというと、大部分は外国人ホステスのいるクラブで散在したのだとか。

そうやって遊びまわっているうちに、やがて千田は青森市内の店で働くチリ人女性、アニータ・アルバラードと出会い、一目惚れをします。1997年、春のことでした。
その年の7月には、早くも結婚を済ましていたというから、その入れ込みようたるや凄まじいものだったのでしょう。

同居してわずか1年足らず……チリへ帰国


アニータが来日したのは19歳のとき。既に2人の子持ちだった彼女は、母国にわが子を残し、出稼ぎにきていたのです。コツコツと日銭を得ていたアニータにとって、異常なほど金回りの良い千田からの求愛は、まさしく渡りに舟。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク