review

第1部完「小さな巨人」脚本は穴だらけだが、視聴率うなぎ上りで巨悪を倒せ

「ここでは立場の違いは関係ない。ここにいる全員が、同じ使命を持つ同じ警察官だ! 我々は犯人逮捕に向けて、必ず証拠品を見つけ出す! ……使命を果たそう」

ここはどこの巨災対? なんてセリフが長谷川博己から飛び出した『小さな巨人』第5話。これにて芝署編は完結! 視聴率はこれまでで最高の13.9%を叩き出した。しかし、なんだかモヤモヤするぞ。このモヤモヤの正体は何だ?
第1部完「小さな巨人」脚本は穴だらけだが、視聴率うなぎ上りで巨悪を倒せ
イラスト/Morimori no moRi

ツッコミだらけの逮捕劇


「99%の疑いがあっても100%の確証がなければ意味はない。それはゼロと同じなんだよ!」

巨大IT企業ゴーンバンクの中田社長(桂文枝)と中田の息子・隆一(加藤晴彦)に警察の捜査情報を漏らしていたのは、元捜査一課長で芝署長、三笠(春風亭昇太)だった! 三笠は中田親子を守るかわりにキックバックを受け取っていたのだ。

なんとか三笠の悪事の証拠を掴もうとする香坂(長谷川博己)だが、狡猾な三笠は尻尾を掴ませない。三笠が香坂に対して憎々しげに言い放ったセリフを聞くと、疑惑はあるのに野党からの追及をのらりくらりとかわし続ける首相を思い出す。

一方、前回までは完全に犯人扱いされていた捜査一課長・小野田(香川照之)だが、今回は素直に謝ってきた香坂と山田(岡田将生)を簡単に許し、あまつさえ協力的ですらある。

香坂は渡部(安田顕)ら所轄の刑事たちと一緒に、三笠が持っているであろう証拠の品を探し続ける。証拠の品とは、殺された風見京子(富永沙織)の手から隆一に渡っていたUSBメモリ……のカケラだった。京子が転落死したときに一緒に落ちて欠けたものを、三笠が持ち帰った……と香坂が推測したのだ。

あわせて読みたい

  • 「小さな巨人」長谷川岡田がバディに

    「小さな巨人」長谷川岡田がバディに

  • 「小さな巨人」わんこ俳優・岡田将生

    「小さな巨人」わんこ俳優・岡田将生

  • 長谷川安田のバディもの「小さな巨人」

    長谷川安田のバディもの「小さな巨人」

  • 「小さな巨人」は警察版「半沢直樹」

    「小さな巨人」は警察版「半沢直樹」

  • レビューの記事をもっと見る 2017年5月21日のレビュー記事
    「第1部完「小さな巨人」脚本は穴だらけだが、視聴率うなぎ上りで巨悪を倒せ」の みんなの反応 9
    • 匿名さん 通報

      さりげなく安倍首相をディスってて笑った

      9
    • 匿名さん 通報

      三笠署長がカケラを持ち続けたのは、中田親子に対する脅しの材料だからではないでしょうか。 ちゃんとお金払い続けないと、何らかの形でこれを出しちゃいますよ?…っていう。

      8
    • 匿名さん 通報

      あべちゃんのしたり顔に比べれば かわいいもんですよ。

      3
    • 匿名さん 通報

      文章がキモイ

      1
    • 匿名さん 通報

      香川の歌舞伎口調と顔芸でもっているようなモン

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    小さな巨人

    小さな巨人

    TBS系ドラマ「小さな巨人」レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら