「敵は味方のふりをする。我々の最大の敵は、あの人だったんだ――!」

TBS系夜9時からの日曜劇場『小さな巨人』。警察という巨大組織の中で自分の正義を貫こうとする男の戦いを描く。

誰が敵で誰が味方なのかわからず、それぞれの思惑がなかなか見えてこないもどかしさが影響してか、先週放送された第3話の視聴率はググッと下がって11.7%。しかし、ラストでいよいよあの男の正体が判明! まずは第3話を振り返ってみよう。
今夜4話「小さな巨人」長谷川博己とストーカー岡田将生がバディになった
公式サイトより

所轄の仲の良さを見つめるわんこ山田


警視庁の捜査一課から所轄に左遷されたエリート刑事の香坂真一郎(長谷川博己)は、所轄の刑事・渡部(安田顕)らとともに、巨大IT企業ゴーンバンクが絡む殺人事件を追っていた。

しかし、捜査の糸口になるはずの池沢菜穂(吉田羊)は逮捕後、供述を撤回。これを失態と見た捜査一課長・小野田義信(香川照之)は自ら陣頭指揮を執り、香坂らの所轄に特別捜査本部を置く。

一方、小野田に捜査を任されていた捜査一課の若きエリート刑事・山田春彦(岡田将生)も窮地に立たされていた。今回は香坂と渡部のストーカーをする暇もなく、独自に情報を入手しようと悪戦苦闘する。

小野田の指示とは別に、事件の鍵を握るゴーンバンク社長の息子、中田隆一(加藤晴彦)と一緒にいた謎の女・山本アリサ(佐々木希)を追う香坂たち。だが、またしてもすんでのところで捜査一課がアリサの身柄を確保してしまった。

所轄の情報を捜査一課に漏らしている者がいる。犯人は捜査一課に憧れる若手刑事・中村(竜星涼)か――と思わせておいて、実はネチネチと香坂にイヤミを言い続けていた副署長の杉本(池田鉄洋)だった。