bit

富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい

富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい

筆者は、フリーランスの雑誌編集者、ライターを生業にしながら、立ち食いそばチェーン店「名代 富士そば」を巡る「富士そばウォッチ」をライフワークとしている。筆者は数年かけて国内の全店舗で実食を果たした。

一都三県に100店舗以上を展開する富士そばは、各店舗でメニュー構成が異なる。構成は店長の裁量に任され、チェーン店でありながら、店舗ごとに個人店の趣があるのだ。独創性のある店舗独自のメニューがメディアをにぎわせることもしばしばある。

「で、どこの店舗がおいしいの?」
そんなことを度々、聞かれることがある。「おいしい」「おいしくない」という極個人的な尺度で、富士そばの魅力を語るのは難しい。ただ、「話題性のある店」なら、筆者は間違いなく「富士そば 慶應三田店」をオススメする。

従来の店舗は、業者から仕入れた製麺を茹でているが、慶應三田店は厨房に設置した「押出し式製麺機」を使い、乱切りそばを提供する数少ない店舗のひとつ。
初めて製麺機を導入したのは杉並区の浜田山店。それに続くかたちで、今年4月に慶應三田店でも乱切りそばが始まった。しかも、「二八そば」(小麦粉とそば粉の割合が2対8のそば)を扱うのは、現在のところ慶應三田店だけなのだ。


店構えから滲みでる「二八そば」愛


慶應三田店は、三田駅A3出口から徒歩数分の三田二丁目交差点にある。好立地だが、駅寄りの歩道からは桜の木に隠れ、店舗が見えない。
富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい

しかし、木の後ろに周ると――。
富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい

これでもかと「二八そば」を推す店構えが出現! 店長の強い思いが伝わってくる。
富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい
店内でも「二八そば」をアピール

「いらっしゃいませーっ!」。入店するなり、よく通る声で迎え入れられる。声の主は、二八推しの店長、宇野さんだ。一見、人当たりのいいナイスガイだが、「心霊スポット巡り」が趣味という、ちょっと変わった一面ももっている。
富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい
店内設置の券売機

そばとうどんは同額で、券売機も同じボタンを兼用している店舗が多いが、同店ではそばが100円高いため別のボタンに。一見さんは、メニューの多さに狼狽するはずなので、この写真でよくシミュレーションしておいてほしい。
宇野店長のオススメは「冷やし海老天せいろ」(670円)。さっそく注文する。

注文の都度、厨房の店員がそばの生地を製麺機に投入。製麺機から、ニュルリと出てきた製麺をすくい網でキャッチして、そのまま鍋で茹であげる。
富士そば全店舗で唯一!そば粉を2倍使う慶應三田店がアツい

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2017年6月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース