連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第12週「内緒話と、春の風」第72回 6月24日(土)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出:渡辺哲也
「ひよっこ」72話。鈴子「私の戦争は終わってないよ」沁みました
イラスト/小西りえこ

72話はこんな話


ある夜。
省吾(佐々木蔵之介)はみね子(有村架純)に、鈴子(宮本信子)は、柏木堂の一郎(三宅裕司)と、昔(戦後間もない頃)の話をする。

「残ったのは鈴子さんとドビソースだけだった」


バー月時計には、店名にふさわしく、壁にたくさんの時計が掛かっている。「あさが来た」(15年)の五代と砂時計、「べっぴんさん」(16年)の時計に代表されるように、時を感じさせるのに最適なアイテムである時計を背にして、カウンターにみね子と並んで座った省吾は、「なんか話したいんだよ、みね子に」と、過去の話をしはじめた。
戦争で、父を亡くした省吾。「残ったのは鈴子さんとドビソースだけだった」と言う。
母とふたりですずふり亭をここまでにして、妻・節子とかわいい娘・由香(島崎遥香)も得たものの、働きすぎて妻が死んでしまった。由香が10歳になる頃だ。
とここで、由香が屈折してしまった理由はそれだった、ということがわかる。

「なかったことにしたいんだよね、でもできない人もいるよ」


すずふり亭の勝手口に面した中庭に、鈴子と一郎。この街(赤坂)が、戦後からずいぶん栄えたことにしんみり。街を駆ける消防車の音かと思わせて、それは空襲警報の音になる。その音と共に、鈴子が過去を思う。