bit

最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった

今年4月の下旬、国の指定文化財である「浜離宮恩賜庭園」で、敷石や橋などにオリーブオイルがたらされた事件が起きた。伝統的な庭園にオリーブオイル、というのはミスマッチだが、それ以上に「どうやって落とすの?落ちるの?」と心配になるものだ。

そもそも、染みになると落ちにくいものと、落ちやすいものとの違いはどこにあるのだろうか。それを知るべく、染み抜きのプロに、オリーブオイルや醤油、インクなどの身近なもののうち、最も取れにくい染みは何なのかを聞いてみた。

染みの取れにくさは「何につくか」が問題


早速、染み抜きのプロであり、カリスマ修復師とも呼ばれる福永真一さんに尋ねたところ、それは愚問だったようだ。

「染みは、何がつくかというより、何についたかが問題です。それが綿なのか、シルクなのか、ポリエステルなのかによって、取れにくさが変わってくるからです。例えば綿やシルク、ウールには染み込んでしまっても、ポリエステルなどの化学繊維であれば、繊維の中に浸透しにくいので落としやすいことがあります」

プロが行う仕事は、ただ染みを抜くということではなく、いかに、ついてしまった「モノ」を損ねないように修復するかどうかにある。日々格闘する者だからこそ知り得る、染み抜きの神髄なるものが垣間見られた気がした。そして同時に、今から挙げてもらう「取れにくい染みランキング」にも期待が高まる。

カリスマ修復師にとっての染みが取れにくいランキング


あわせて読みたい

  • インスタ女子、2割が「知らないおじさん」の絡みにストレス

    インスタ女子、2割が「知らないおじさん」の絡みにストレス

  • 子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説

    子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説

  • 「千客万来施設」だけじゃない豊洲市場問題 臨海エリア全体に影響も

    「千客万来施設」だけじゃない豊洲市場問題 臨海エリア全体に影響も

  • YouTuber・ヒカルが収入を「おそらく3億円」と告白 祭りのくじを買い占める過激動画で人気

    YouTuber・ヒカルが収入を「おそらく3億円」と告白 祭りのくじを買い占める過激動画で人気

  • コネタの記事をもっと見る 2017年7月30日のコネタ記事
    「最も落としにくい染み汚れって何?「カリスマ修復師」に真髄を教わった」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      すごくためになる記事でした。 プロでも落とせないシミってあるんですね。 無理はしない事が大事というのも納得できました。

      6
    • 匿名さん 通報

      醤油やソースとは」違いますが、茶色い鉄サビが服についたらもう諦めています。とれなーい!!でも一度はプロに聞いてみるのがいいのでしょうね。

      3
    • 匿名さん 通報

      とにかく、すぐ落とす!ということも大事です。時間がたつと取れるものもとれなくなる。カレーは洗剤、漂白剤で赤く変化してとりにくいです。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース