90s

江頭2:50が死にかけた……急性アルコール中毒になった過去

女優の松居一代が夫である船越英一郎の不倫を告白し、話題となっている。特に話題を集めたのが、松居が動画で掲げた「バイアグラ100ml男」なるフレーズである。

勃起不全に劇的な効果を示すといわれるバイアグラの歴史は意外と浅く、1990年台前半に狭心症の薬として開発が始められたが、下半身にも効果が認められ1998年にアメリカで販売が開始された。魔法の薬としてさかんに個人輸入が行われ、日本でも翌年に医療機関向けの販売が解禁された。

今のところ、国内で承認を得ているバイアグラの規格は1錠50mgと25mgの2種類。通常の勃起不全ならば、これでも十分効果があるとされている。

バイアグラで死にかけた江頭2:50


バイアグラをめぐっては90年代に、あのお騒がせ芸人が騒動を起こしている。それが江頭2:50だ。
『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)の水中素潜り対決で、4分14秒の大記録を成し遂げ失神したかと思えば、トルコでお尻にでんでん太鼓を出すパフォーマンスを行い観客から大ブーイングを浴び暴動に発展するなど、数々の伝説を成し遂げた男である。

事件は1997年に起こった。
認可前のバイアグラを密かに入手した江頭は、中野のパブで女性ホステスを前に、バイアグラ5錠を「俺は不死身だ」と叫びながらブランデーの水割りとともに一気に飲み干したが、間もなくして卒倒。救急車で病院に運び込まれた。

診断の結果は急性アルコール中毒だった。バイアグラで全身の血流が良くなったところに大量の酒が入ったことが原因と見られる。
この時、江頭が飲み干したのは50mgの錠剤であり、トータルすると250mgを服用したこととなる。場合によっては死にかねない危険な行為だった。

事件を受けて厚生省(現・厚生労働省)内部ではバイアグラの認可をめぐって議論が巻き起こり、一説には江頭のせいで認可が遅れたとも言われている。江頭2:50は国家レベルのお騒がせ男だったのだ。

※文中の画像はamazonより江頭2:50のピーピーピーするぞ!2 逆修正バージョン~ノークレーム・ノーリターン~ [DVD]

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「江頭2:50が死にかけた……急性アルコール中毒になった過去」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    びっくりだニャ〜!

    4
  • 匿名さん 通報

    びっくりだニャ〜!じゃないわ、アホか。江頭の芸風。仕方ない。頑張れ。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク