review

「ハロー張りネズミ」1話。遥ちゃんはなぜバレエを始めたのか、それはハッピーエンドなのか

監督・演出大根仁で、金曜22時、ドラマ「ハロー張りネズミ」が放送スタート。原作漫画は、「島耕作シリーズ」「人間交差点」の弘兼憲史だ。
「ハロー張りネズミ」1話。遥ちゃんはなぜバレエを始めたのか、それはハッピーエンドなのか
原作2巻

最後のバレエのシーン、さすがにちょっと気持ち悪いんじゃないか?と、感じていたのだが、よくよく考えると、すごく素敵なシーンに思えてきた。

1話あらすじ


東京都板橋区下赤塚にひっそりと居を構える「あかつか探偵事務所」。探偵の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、川田(伊藤淳史)から、交通事故で亡くなった娘に似ている女の子を探してほしいという依頼を受ける。同じ事故に遭った余命少ない妻に、元気な娘の姿を見せたいというものだった。

なんとか五郎とグレは、そっくりな少女・遥(三本采香)を見つけるが、遥は母親を亡くし、父親にDVを受け、心を閉ざしていた。五郎は何度も児童養護施設通い詰め、なんとか説得し、病院へ遥を連れて行くことに成功する。川田の妻は死んでしまうが、この事がきっかけで、川田が遥を引き取ることに。

問題のバレエシーン


めでたしめでたしで終わりそうな話なのだが、五郎は「結局、川田は死んだ娘の代用品として遥を引き取ったのでは? 遥にしても、代用品だと思いながら生き続けるのは辛いのでは?」という、疑問を持つ。そう考えると、確かにハッピーエンドかどうか、難しいところだ。

これに対して、あかつか探偵事務所所長・風かほる(山口智子)は、目の前にあるチューハイには、焼酎ではなくウォッカが入っていることを引き合いに出し、代用品でも悪くないと五郎を説得する。五郎はようやく納得がいった様子だった。

あわせて読みたい

  • 電気グルーヴは「地元の奇祭」

    電気グルーヴは「地元の奇祭」

  • 実写版「バクマン。」大根仁監督大正解

    実写版「バクマン。」大根仁監督大正解

  • 「モテキ」の大根仁監督の新作「恋の渦」が「あるある」だらけでやばい

    「モテキ」の大根仁監督の新作「恋の渦」が「あるある」だらけでやばい

  • 猟奇的な森田剛が更に「ヒメアノ〜ル」

    猟奇的な森田剛が更に「ヒメアノ〜ル」

  • レビューの記事をもっと見る 2017年7月21日のレビュー記事
    「「ハロー張りネズミ」1話。遥ちゃんはなぜバレエを始めたのか、それはハッピーエンドなのか」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      まほろの大根監督が広兼漫画をドラマにしたら、それなりの仕上がりにはなるでしょう。原作ファンならとりあえず見ちゃうもん。まほろも良かったしな。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ハロー張りネズミ

    ハロー張りネズミ

    「ハロー張りネズミ」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら