bit

なぜ昭和の文化「歌声喫茶」が再び人気なのか

       
なぜ昭和の文化「歌声喫茶」が再び人気なのか
夜の満員時にはこんなに賑わう!

「歌声喫茶」が最近、連日満員になるほど人気だという。歌声喫茶とは戦後から1980年代に大ブームになった歌う喫茶店のこと。人気の秘密を歌声喫茶「ともしび」新宿店の斉藤店長に伺った。


ひとつの歌をみんなで歌うことで生まれる連帯感


――歌声喫茶の特徴はなんでしょう。

歌声喫茶はカラオケとは楽しみ方が違います。カラオケはひとりで歌って楽しむもの。歌声喫茶はひとつの歌をみんなで歌います。皆で一緒に歌うことで、歌う楽しみを皆で共有できます。そして共有することで心地よい連帯感が生まれます。それが歌声喫茶の大きな特徴ですね。司会はお客様のリクエストを見つつ、店全体がそんな連帯感に包まれるように選曲して進めます。
なぜ昭和の文化「歌声喫茶」が再び人気なのか
このカードに歌いたい曲を書いて司会者に渡します

――いま都内で歌声喫茶はどれくらいあるんでしょうか?

歌声喫茶は新宿にもう一軒、そして船橋や八王子にもありますが、70人も入れる大きい店はここだけ。ともしびは新宿店だけで営業しています。公民館や喫茶店など様々な場所で開催している歌声喫茶は全国各地にたくさんあるんですが、毎日歌声喫茶として営業している店は少ないです。

――ずっと新宿で営業されているんですか?

戦後に西武新宿の駅前にあった食堂がはじまりです。63年前、そこでたまたまBGMにかけていたロシア民謡のレコードにあわせて歌いだした若者たちがいて、それがとても好評だった。そこから歌う喫茶店というコンセプトで歌声喫茶をはじめ、爆発的に流行しました。


ロシア民謡から松田聖子、ZARDまで


――歌う歌の中にロシア民謡が多いのはなぜでしょうか。

今日は70代の人が多いのでたまたま戦後の曲が多いですね。もともと戦後、ロシアから復員してきた方々がロシアで歌を覚えてきて広めたんです。歌声喫茶などでロシア民謡が流行り、それで全国的に歌われるようになった。教科書に載っているので、今ではロシア民謡だとわからない人もいますね。
なぜ昭和の文化「歌声喫茶」が再び人気なのか
この歌集の中から歌いたい曲を選びます

お話している間に歌われていたのは、中村雅俊の「ふれあい」、ZARD「負けないで」一青窈「ハナミズキ」など比較的最近の曲が多かった。歌う楽曲は、ともしび歌集の第一集と二集からのリクエストで選曲するが、司会者が客層を見ながら皆が歌えて共感できる曲を選ぶ場合もある。
歌集の第一集にはロシア民謡やカンツォーネ、シャンソン、日本の童謡唱歌から、昭和歌謡曲やフォークなど。第二集には松田聖子や井上陽水なども掲載されている。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。