review

武田鉄矢の「水戸黄門」が始まるので調べてみた。印籠ってテレビ版で初めて登場したんだって

今夜7時からBS-TBSで時代劇「水戸黄門」がスタートする。主人公の水戸黄門こと第2代水戸藩主・徳川光圀に扮するのは武田鉄矢。

地上波TBSでは、1969年8月より松下電器(現パナソニック)の提供による「ナショナル劇場」(のちの「パナソニック ドラマシアター」)の枠で、「水戸黄門」が放送され、2011年まで43シリーズを数えた。この間、黄門役は、東野英治郎を初代に、西村晃、佐野浅夫、石坂浩二、里見浩太朗と引き継がれ、今回抜擢された武田で6代目ということになる。

この記事では、テレビ登場以前より、長らく日本人に親しまれてきた「水戸黄門」の物語について、中国文学研究者の金文京による『水戸黄門「漫遊」考』(講談社学術文庫)という本を主に参照しつつ、史実との関係などからあらためて振り返ってみたい。
武田鉄矢の「水戸黄門」が始まるので調べてみた。印籠ってテレビ版で初めて登場したんだって
金文京『水戸黄門「漫遊」考』。ドラマでおなじみの水戸黄門の物語はいかにしてつくられたのか? 文学や芸能、政治制度史、民俗学など多様な視点から考察する

助さんと格さんにもモデルが


徳川光圀は実在の人物ながら、隠居した黄門様が助さんと格さんを従えつつ全国各地を巡り、悪者をこらしめるという「水戸黄門」のお話はフィクションだ。こうした基本的なストーリーは、明治以降、講談『水戸黄門漫遊記』によって世に浸透し、その後、浪曲や小説や映画で繰り返しとりあげられ、さらにテレビ化にいたった。

そもそも実在の光圀の行動範囲は、水戸藩領内、水戸と江戸のあいだ、そしてその祖母(徳川家康の側室・お勝の方)が創建した英勝寺があるためたびたび出かけた鎌倉にかぎられた。一方で、光圀は、ライフワークというべき『大日本史』の編纂にあたり、史料を集める目的で日本全国に使者を派遣した。このことがのちに、光圀自身が全国をまわったという伝説を生んだと考えられる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「武田鉄矢の「水戸黄門」が始まるので調べてみた。印籠ってテレビ版で初めて登場したんだって」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    くだらん内容に限って、文章が長い。所詮ライターの自己満足

    9
  • 匿名さん 通報

    今頃何を言ってるのかな? あんたが生まれる前から周知の事実

    6
  • 匿名さん 通報

    朝鮮半島の話しはどうでもよい

    5
  • 匿名さん 通報

    そこ?って内容が長々とw 副将軍とか武家諸法度で移動制限とかそもそもの疑問には触れないのかw お供に触れるなら助さん格さん以外にも言及すべきじゃ?w

    3
  • 匿名さん 通報

    残念、7時になってTBSのチャンネルに合わせても、始まる気配なし、BSだったのですね。 いつも小難しいことを言う武田鉄矢の水戸黄門見たかった。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。