review

ブルース・ウィリスは、アメリカの高田純次だ、最高だ、脱力コメディ「バッド・ウェイヴ」でみんな幸せ

カリフォルニアの抜けるような青空の下、ブルース・ウィリスの悪ふざけをダラダラ眺める……。そんな至福の時間を過ごせるのが、『バッド・ウェイヴ』である。
ブルース・ウィリスは、アメリカの高田純次だ、最高だ、脱力コメディ「バッド・ウェイヴ」でみんな幸せ

ビール片手に見たい、ヴェニス・ビーチの変人たち


公式サイトを見るとなんだか『ダイ・ハード』シリーズの最新作みたいな感じで宣伝されている『バッド・ウェイヴ』だけど、直接の関係はない。ブルース・ウィリスが主演というだけである。しかし、そのウィリスのおかげで抜群な温度感の映画に仕上がっている。

舞台はカリフォルニアのヴェニス。ウィリス演じるスティーブはこの地区で唯一免許を持つ探偵だ。探偵と言ってもほぼ暇人の変なおっさんで、公園にスケボーをやりにきたガキどもに「大麻とコカインはやめとけ! おれみたいになるぞ!」とよくわからない説教をしている。ほとんど不審者である。

様々な依頼を破滅的にボンクラっぽい助手(自分がやることを全てスマホに録音する癖がある)と一緒に調査しつつ、地元のギャングのボス"スパイダー"にさらわれた愛犬を奪還するため、持ち逃げされた大量のコカインを取り戻すべくスティーブが奔走する……というあらすじの映画ではあるのだが、このあたりは半分くらいどうでもいい。というかコントみたいな感じのユルユルな映画なので、ストーリーを追うのに必死にならなくていいのがありがたい。

とにかくヴェニス・ビーチの底抜けな陽気と、異常な登場人物の連打が印象的である。金属探知機を使って浜辺で時計を拾いまくる高利貸し。妻に権利譲渡される店に在庫を残してなるものかとヤケクソのセールを開催する離婚調停中のサーフショップのオーナー。所有する建物の外壁に最悪の落書き(本当に最悪なので是非劇場でご覧いただきたい)を描かれてしまうユダヤ系の不動産屋。会話の間が完全におかしいピザ屋。スティーブの"毛"を剃ろうとするドラァグクイーン。「F××k you!」しか言わないクラブのドアマン。ガバガバな人たちがダラダラと出てきては、カリフォルニアらしい能天気な風景が延々続くヴェニスで暴れまわる様子は、ビール片手にダハハと見るのにちょうど良い湯加減だ。

あわせて読みたい

  • 「リベンジ・リスト」でトラボルタ万歳

    「リベンジ・リスト」でトラボルタ万歳

  • キアヌ「ジョン・ウィック」正しき続編

    キアヌ「ジョン・ウィック」正しき続編

  • アフターマス 老境シュワちゃん新境地

    アフターマス 老境シュワちゃん新境地

  • ブラッド・スローン マジメな奴が勝つ

    ブラッド・スローン マジメな奴が勝つ

  • レビューの記事をもっと見る 2017年10月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。