「嵐」の櫻井翔が主演のドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00/日本テレビ系)、今日(2017年11月11日)後10:00から第5話放送だ。
第4話平均視聴率は7.7%。少し下がった。

第4話、櫻井翔が演じる鳴海校長の怒涛のロングスピーチがクライマックスで炸裂した

前回成功した島津先生(瀬戸康史)のアクティブ・ラーニング型の授業。
これを他の先生もやろう!ということになる。

鳴海校長は全校生徒の前で
「一年生と二年生の授業を変えていこうと思います。面白いっておもえる授業に」
と大発表。
しかも、市村先生(木南晴夏)、矢部先生(森川葵)、真柴先生(蒼井優)、鳴海校長、みんなのアクティブ・ラーニング型の授業がうまくいって、なかなかいい調子。
生徒も授業が楽しいと感じ、先生も手応えを得ている。

ところが!
上手くいった喜びを共有している先生たちの前に、三年生三人がやってくる。
「わたしたちの授業は変わらないんですか」
そうなんである。
三年生は、受験も迫っていることもあり、抵抗勢力三人組が三年生担当ということもあって、いままで通りの授業をやっていたのだ。
「計画の中にわたしたちは入ってないんですか」
「ぼくたちは見捨てられるんですか」
「切り捨てられたんですか、わたしたちは」

これをきっかけに三年生の不満が爆発。
学校でさまざまな問題が起こって、鳴海校長の10分を超える名スピーチへと突入する。
櫻井翔「先に生まれただけの僕」3年生爆発「ぼくたちは見捨てられるんですか」校長のスピーチは届いたか
イラスト/米光一成

これが凄いスピーチだった。