bit

ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは

ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは

日本では日本人シェフによる、おいしいフレンチもイタリアンもたくさんある。でも「すし」に関しては日本人シェフ(板前)の世界だというイメージがあったりしないだろうか? 日本人以外のすし屋に行った、または行きたいと思ったことはあるだろうか?

すし激戦区であるニューヨークに多くのすし愛好家をとりこにしている店がある。その名も「ガイジン(Gaijin)」。そう、オーナーが外国人(非日本人)なのだ。米国においても人気の高級すし屋のシェフは日本人が主流な業界でありながら、「ガイジン」のすしも注目を浴び、ニューヨークのメディアでも話題になっている。今回は、そのオーナー兼エグゼクティブシェフのマーク・ガルシアさんにお話をうかがった。
ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは


「ガイジン」という店名を選んだ意味


――まず、お店の名前が気になります。店名の由来を教えてください。
自分が「ガイジン」というのが最初の理由です。でも、この言葉に込めたのはこのお店に対する自分の挑戦です。私は20年近くすしを握り続けていますが、出身地でないニューヨークに(記者注:マークさんはシカゴ出身)日本人でない自分がすし屋を開くということは、並み以上の努力が必要で大きな挑戦でした。その思いがガイジンという言葉に込められています。

――20年近くも、すしに携わっているのですね。どのようなキャリアを積まれてきたのですか?
私の出身地・シカゴにあるすし屋で修業をしていた時に、尊敬するすし職人(シェフ・カゼ氏)に出会いました。彼のすしにほれ込んでしまい、彼の元で修業をさせてもらえるようにお願いしました。その後、私自身は他のお店でも修業を積みながら、彼と共にシカゴでのすしレストランのオープンに携わったり、本業のすし職人として経験を積んできました。そして、昨年ついに自分のお店「ガイジン」をニューヨークにオープンすることができました。


ゲストを飽きさせないマーク流「おまかせ」


――ガイジンの「おまかせ」メニューは、スープ(取材時はキノコと海老の土瓶蒸しを提供)を前菜とした後に、すしのおまかせがコースにより9貫から15貫、その後に手巻きとデザートが付くのですね。
すしについては、魚にすごく詳しい訳ではないお客様でも違いが分かるように、魚の個性を見た目や味付けで分かるような工夫もしています。カワハギのすしは肝も一緒に食べていただいたり。(記者注:欧米では生の肝を食べる文化は少ない)それぞれの魚に合う日本酒のペアリングコースも、現地のお客様に好評ですね。
ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは


――おまかせメニューは、シャリの作り方や魚のさばき方自体はすしの基本に忠実なように見えますが、その後の調理方法や味付け、見た目がとても個性的ですね。それでいて食べると多彩な味わいが口内に広がる。どのようにメニューを考えてすしを握っているのですか?
完璧な状態のシャリと、ベストな状態の魚を用意することは常に前提としています。そのうえで、こういったメニューにたどり着くのは常に自分の好奇心から始まっています。それぞれの魚にはどんな食べ方ができるか。どんなフレーバーを合わせたら口の中で最高の組み合わせが生まれるか。自分の中での興味は尽きず、お店をオープンしてから1年ですが、おまかせの中身は6回ほど変わりました。

――すしの一品一品が宝石のようです。シンプルな握りや巻物もありますが、キャビアやトリュフを使用するなど、食材は必ずしも和風にこだわってはいないですよね。
もちろん、おいしいすしであることは最低条件ですが、使用する素材の選択に関しては確かにフレキシブルです。私はすし職人以外に昔イタリア料理の修業などもしたことがあり、時にはイタリア料理の素材の中ですしに合うものを探すこともありますね。例えばオリーブオイルや軽くマリネしたガーリックなど。

――オリーブオイルにガーリック! 驚きますが、実際に食べてみてもまったくすしの味を殺してないですね。
ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは

あわせて読みたい

  • 元ラブホの寿司店に行ってみた

    元ラブホの寿司店に行ってみた

  • 回転寿司シャリ残しはマナー違反?

    回転寿司シャリ残しはマナー違反?

  • 女性のグラスは男性が注ぐべき?

    女性のグラスは男性が注ぐべき?

  • コネタの記事をもっと見る 2017年11月26日のコネタ記事
    「ニューヨークで話題のすし屋「ガイジン」 店名に込めた思いとは」の みんなの反応 1
    • セリー真坂 通報

      NYの寿司はマズイか高いか、中間〈リーズナブルで美味しい)は少ないです。

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース