篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。あおば市市議会を舞台にした政治ドラマだ。先週放送の第4話の視聴率は0.1%アップの7.6%。相変わらず苦戦中だが、なんとか持ちこたえている気もする。高橋一生が脱がなくても大丈夫だ
「民衆の敵」篠原涼子イズム通用せず、もう千葉雄大が主役でいいんじゃない?4話
「民衆の敵 プリントクッキー 肖像ポストカード入り」
amazonより

千葉雄大フィーチャーのエピソード


第4話は主人公・智子(篠原)と同じ新人議員・岡本(千葉雄大)をフィーチャーしたエピソード。朝ドラ『わろてんか』では好演していたのにあっさり死んでしまい、『民衆の敵』でもここまでまったく活躍していなかった千葉だが、この第4話がなかなか良かった。

地元の商店街で生まれ育った岡本は、シャッター商店街の復活を公約に掲げていたが、現実は厳しい。なじみの洋食屋のおばちゃん(鷲尾真知子)たちは元気なのだが、開店するほど赤字になるという状態なのだ。

一方、新人議員の部屋では、園田(斎藤司)が母親たちから託児の要望を受けて困り果てていた。智子も女児誘拐事件の疑いをかけられた一馬(渋谷謙人)の社会復帰に頭を悩ませている最中。それなら全部一緒にしちゃえばいい。智子は商店街を使った「子ども食堂」のプランを思いつく。

ドラマでは新人議員たちがまとめて一つの部屋にいるが、実際の市議会では会派ごとに控室が割り当てられるのでこのようなことはない。最大会派の犬崎(古田新太)派を牽制する河原田市長(余貴美子)の一策である。

現実の前に篠原涼子イズム、撃沈!