review

篠原涼子の政治ドラマ「民衆の敵」は今夜第2話が正念場、野心はいいのに展開が雑な1話が惜しすぎる

「月9」といえども恋愛ドラマじゃないのが当たり前になってきたが、先週からスタートした篠原涼子主演の『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が扱うテーマは“政治”だ。

実は「月9」で政治を扱ったドラマは過去にもあって、木村拓哉が最年少首相になる『CHANGE』(08年)がそうだった。ああ、オバマ旋風が巻き起こっていた時代だったんだな、とタイトルを見るだけでわかる。月9以外にも三谷幸喜脚本の『総理と呼ばないで』(97年)や高橋一生のブレイク作でもある『民王』(15年)などがあるが、数自体はそれほど多くはない。政治ドラマというより、政治家という職業を扱った“お仕事ドラマ”も多い。

『民衆の敵』は“ママが政治家になっちゃった!”的なドタバタお仕事ドラマではなく、政治そのものを描こうとしている野心作だ。公式サイトには「市政にはびこる悪や社会で起きている問題を素人目線・女性目線でぶった斬っていく、痛快で爽快な市政エンタテインメント」と書かれていた。しかし、第1話を観た限りでは、この一文がドラマの良い点と悪い点の両方を一気に言い表してしまっているように感じた。
篠原涼子の政治ドラマ「民衆の敵」は今夜第2話が正念場、野心はいいのに展開が雑な1話が惜しすぎる
「アンフェア the end DVD スタンダード・エディション」ポニーキャニオン
篠原涼子主演、佐藤嗣麻子監督

中卒の貧困主婦が市議会議員に!


主人公はあおば市でオペレーターの仕事をしている主婦・佐藤智子(篠原)。夫の公平(田中圭)と息子の駿平の3人で貧しいながらも平和に暮らしていたが、マニュアル通りの対応ができずに解雇、夫もアルバイトの留学生への対応をめぐって上司と対立して仕事を辞めてしまう。つまり夫婦揃って無職になってしまった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「篠原涼子の政治ドラマ「民衆の敵」は今夜第2話が正念場、野心はいいのに展開が雑な1話が惜しすぎる」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    政治ものは捻りが入ってこないと難しいのかな。これだけを読むと期待はできない。

    4
  • 匿名さん 通報

    1話を見たが確かに展開が雑でご都合主義なのと、篠原涼子をさらに単調に見せる作りに今後の低空飛行が危惧される感じだった。2話を見る気はちょっとしない。

    3
  • 匿名さん 通報

    「ウキウキウォッチング」「震災ラッキー」「笑えてきた」『サッカー韓日戦』で有名な盗京の憎日放送局ウジテレビは、国民の仇敵

    1
  • 匿名さん 通報

    篠原涼子を起用したのが失敗のすべて。もっと若くて明るい女優で作れば、面白いものになったはず。

    1
  • マヨネーズさん 通報

    もういいて、平和が終わるってのにこんな下町上手の話なん。ただでさえ最近出しゃばり過ぎなんだよ、B級女みてーなのが。月9も落ちぶれたもんやのぉ。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

民衆の敵

民衆の敵

月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』レビュー記事一覧。

2017年10月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。