review

「監獄のお姫さま」6話。刑務所は「帰ってくる場所」じゃない。居場所を失った女たちの反撃が始まる

「更生するぞー!」
「(声を揃えて)更生!」

宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』。先週放送の第6話の視聴率は7.9%だったけど、面白いんだから気にしない。きっとみんなTVerの見逃し配信で観ているんだろう。

第5話は、姫(夏帆)の息子、勇介が刑務所から板橋吾郎(伊勢谷友介)に連れ去られてしまうという衝撃のラストだったが、第6話では勇介ロスから立ち直った馬場カヨ(小泉)たちが反撃に転じるまでが描かれた。彼女たちの合言葉「更生するぞー!」が誕生する瞬間も明らかに!
「監獄のお姫さま」6話。刑務所は「帰ってくる場所」じゃない。居場所を失った女たちの反撃が始まる
イラスト/まつもとりえこ

“タモロス”と“勇介ロス”


勇介を奪われたしのぶからは笑顔が消え失せ、カヨ、財テク(菅野美穂)、姐御(森下愛子)、女優(坂井真紀)、そして先生(満島ひかり)まで一様に“勇介ロス”に苛まれていた。

ここで時系列を整理すると、勇介が産まれたのが2012年7月で、吾郎に連れ去られたのが13年のクリスマスイブの後。カヨと先生が“勇介ロス”について語り合っていたのは14年の春である。『笑っていいとも!』が14年の3月末に終了したばかりで、ちょうど世間では“タモロス”が流行語になっていた頃だ。こういった当時の風俗や流行を取り入れるのがクドカンは絶妙に上手い。

「私もロスでさぁ。妊活始めちゃったよ」と急に言い始めてカヨを焦らせる先生。

「これからはときどき女を出していくから。でないと、心が角刈りになっちゃうよ」

これはクドカンお気に入りのセリフらしい(『週刊文春』11月30日号より)。これまで受刑者たちに厳しかった先生の微妙な変化を表している。性格の振り幅が大きそうな先生の今後にも要注目だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

監獄のお姫さま

監獄のお姫さま

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

2017年11月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。