review

「監獄のお姫さま」4話「バック・トゥ・ザ・フューチャー」高笑いからの悲哀、クズ男たち爆誕イエイイエイ

「もしタイムマシンがあったら、自分が生まれる前の時代に行きたいわ」
「そんで、お父さんとお母さんが絶対に出会わないように、先回りして邪魔してやるの。そしたら、私みたいな面倒くさい女も生まれてこないし! 母さんも……あんな死に方しなくて済んだと思うから」

面会室で泣きながら父親に向かって語る菅野美穂。彼女がさっきまで高笑いしながら観ていた映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』! すごいセリフを書くものだ。さすがクドカン。

宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』。罪を犯した5人の女と1人の看守が、1人の男に復讐をするというお話。笑って笑ってほろりと泣けるドラマだ。先週放送の第4話は、女たちを刑務所に送った3人のクズ男が登場した。
「監獄のお姫さま」4話「バック・トゥ・ザ・フューチャー」高笑いからの悲哀、クズ男たち爆誕イエイイエイ
イラスト/まつもとりえこ

浮気、裏切り、借金……クズ男3連発!


まずは、馬場カヨ(小泉)の夫、武彦(赤堀雅秋)。温厚そうな見た目に反して、大変なクズ。職場で活躍する妻に嫉妬し、家で「俺だって辛いんだよ!」と怒鳴ってグラスを投げつける。これが浮気した側の態度なんだから信じられない。「俺は辛かった。だから浮気した。そういう男と結婚したあんたが悪い。そっちも浮気すりゃ良かったじゃん」と半笑いで言い放つ。第2話で一度、吾郎(伊勢谷友介)の声で聞いているセリフだが、今回のほうが数倍凶々しい。そして、カヨは夫を刺してしまい、刑務所に入ることになる。の男が面会で穏やかな表情を浮かべていたのは、離婚届に判を押させるためだった。どこまでもクズである。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年11月14日のレビュー記事
「「監獄のお姫さま」4話「バック・トゥ・ザ・フューチャー」高笑いからの悲哀、クズ男たち爆誕イエイイエイ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    第5話。また爆笑させられて、最後は涙が止まらなかった。

    2
  • 匿名さん 通報

    姉御が可愛いんだよなぁ

    2
  • 匿名さん 通報

    今期のドラマはこれしか観てないです。毎週とても楽しみです。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

監獄のお姫さま

監獄のお姫さま

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース