review

「監獄のお姫さま」7話。2.5次元への埋没からの転落。坂井真紀演じる「明るいメンヘラおばさん」の闇

宮藤官九郎脚本、小泉今日子主演の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』。先週放送された第7話の視聴率は5.5%。えっ、と驚いたのだが、裏番組を調べてみたら日テレ『ベストアーティスト2017』が15.2%も取っていた。まぁ、きっとみんなTVerで観てるんだよ! 

第7話は、坂井真紀演じる“女優”こと大門洋子の過去と出所後の生活が描かれた。そうか、“わるウーマン”(先生命名)たちは、こうやって一人ずつ出所していくのか。なんだか不意を突かれたような気分。ずっと彼女たちは刑務所でわちゃわちゃし続けるんじゃないかと思ってたよ。そんなわけはない。
「監獄のお姫さま」7話。2.5次元への埋没からの転落。坂井真紀演じる「明るいメンヘラおばさん」の闇
イラスト/まつもとりえこ

懲役7年! 2.5次元に夢中な“やっべーやつ”


「そうです、私がメンヘラおばさんです」

第1話からずっとハイテンションに「私、女優よ~」と言い続けてきた女優。カヨ(小泉今日子)たちもほとんど聞いたことがなかったという女優の罪状とは、2.5次元ミュージカルで活躍する俳優へのストーカー行為と、彼の追っかけ費用を捻出するために働いていた複数の詐欺だった。懲役7年の実刑判決。検事の長谷川(塚本高史)が「長っ!」と驚くほどだ。

女優が夢中になっていたのは、イケメン剣道ミュージカル『行け! 面! 胴!』の主演、泉キャプテン役の大洋泉(たいよう・いずみ)という俳優。決めゼリフは「俺の手ぬぐい、欲しい人!」。ミュージカルナンバー「涙が心の汗なら」では「朝練前なら抱いてやってもいいぜ」というセリフで黄色い歓声が飛ぶ。「♪青春は稽古不足さ~」というサビの決まり具合がすごいが、稽古不足なら女の子抱いてないで練習しろよ! メンバー5人の名前がそれぞれチームナックスのメンバーの名前のパロディーになっているのもネットで話題になった。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年12月5日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

監獄のお姫さま

監獄のお姫さま

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース