今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「浪費図鑑」お金を使ってdisられて、オタク女が幸せだというならそれでいいと思います

2017年8月28日 10時00分 ライター情報:むらたえりか
「ホストには運動会があります」
「若手俳優もあります!」
「K-POPもジャニーズも運動会ある」
「宝塚もハロプロもある」
「ソシャゲもあるから!」

運動会は、浪費するオタク女共通の課金コンテンツなのだ。
劇団雌猫『浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―』(小学館)。本書には、筆者も構成担当として一部参加している

2017年8月8日(火)に刊行された書籍『浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―』(小学館)。特設サイトはこちら
他人には無駄に見えるようなオタク女たちの「浪費」の実態が記されている。ソーシャルゲーム、ジャニーズ、若手俳優、ホスト、ディズニー、美容など「沼」と呼ばれるさまざまなジャンルに愛とお金を注ぐ女のノンフィクションエッセイ集だ。
その発売を記念して、8月22日(火)に著者の劇団雌猫メンバーが登壇する発売記念イベント「浪費女の夏〜本当にあった怖い話 #悪友ナイト」が、東京カルチャーカルチャーで開催された。(前回のイベントのレポはこちら
イベント限定で全10色(白、黄、オレンジ、ピンク、赤、紫、水色、青、緑、黒)の推し色カクテルが登場。一番人気は「紫」でした

▼劇団雌猫メンバー(ジャンル)
もぐもぐ(AKB48からジャニーズ、宝塚へ)
ひらりさ(商業BLから占い、マッサージ、酒、家具、そしてHiGH&LOWへ)
かん(女子アイドルからK-POPアイドル・SEVENTEENのジョシュアへ)
ユッケ(若手俳優とジャニーズJr.(HiHiB少年の那須雄登))

K-POPアイドルオタクは人として扱われるためにお金を払う


EXOで浪費するジャッカロープと、ホストで浪費するネザーランドドワーフ

今回のゲストは、書籍版に「EXOで浪費する女」を寄稿したジャッカロープと「ホストで浪費する女」を寄稿したネザーランドドワーフ。2人とも年間100万円以上を自分の沼に費やしている。
EXOが表紙に登場した『ViVi(ヴィヴィ) 2017年 01 月号』(講談社)

EXOとは、韓国人と中国人9名からなる男性アイドルグループ。ジャッカロープはダンスが得意なカイくんを推している。

ユッケ「海外コンサートのチケットは日本で用意するんですか?」
ジャッカロープ「現地で受け渡しが多くて、私も “ジャカルタ会場手渡し”をやったことあります。現地のファンから現地で買った日本人から、さらに譲ってもらうという……」
ひらりさ「密売みたいだ!」

K-POPアイドルの浪費先は「コンサートチケット」と「サイン会」の2種類が多く、余計なイベントが少ない。ピンポイントでお金をつぎ込めるのが良いそうだ。

もぐもぐ「サイン会って何をするんですか?」
ジャッカロープ「会話とか、コミュニケーションの時間が多いです」
かん「日本のアイドルだと本当にサインだけのところが多いけど、K-POPアイドルは握手もできる。人として扱われる」
ひらりさ「人として扱われるためにお金を払うのか……」

アメリカ公演のときにカイくんのビザが発給されず、1人で遠征したのにコンサートで推しを見られなかった経験があるジャッカロープ。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!