今年デビュー10周年を迎え、紅白歌合戦初出場が決まったHey! Say! JUMP。
2007年11月、シングル『Ultra Music Power』でデビュー。名前のごとく全員平成生まれ、Hey! Say! 7(山田涼介、中島裕翔、知念侑李、岡本圭人の1993年生まれ)と少しお兄さんのHey! Say! BEST(薮宏太、八乙女光、有岡大貴、伊野尾慧、高木雄也)で構成されている。

山田涼介は、映画『鋼の錬金術師』で主演し、中島裕翔は映画・ドラマに多数出演、どちらも俳優として一目置かれる存在に。伊野尾慧は『めざましテレビ』木曜パーソナリティ、『メレンゲの気持ち』MC、八乙女光と有岡大貴は『ヒルナンデス!』火曜レギュラーなどなどレギュラー番組は多く、いまや毎日のようにテレビでメンバーを見かけるほど。

現在は、2018年1月1日で千秋楽を迎える3大ドームツアー『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』の最中でもある。順風満帆で歩んできたかのように見えるHey! Say! JUMPだが、実は脱退問題を乗り越えてきた過去がある。

今でもジャニーズグループいちのメンバー数・9人組という大所帯であるが、実はデビュー当時はもう一人多い10人組だった。

先日の『ベストアーティスト2017』では、「グループの“結束力”をご覧いただけるスペシャル企画」として、山田涼介以外のメンバーが仕掛け人となり、中島裕翔がグループを辞めたいと告白、山田の反応を見るというドッキリが仕掛けられた。このドッキリを見たJUMPファンは「素晴らしいグループ愛に泣けた」「不快なドッキリ」「以前の脱退騒動を思い出す」と賛否両論。