bit

「アンデスのフチ子」「アゴ呼ぶな!」 古代アンデス文明展で変顔コンテストを開催する理由

パンダの「シャンシャン」が一般公開となり、賑わっている上野動物園。同動物園と同じく上野恩賜公園内にある国立科学博物館で「古代アンデス文明展」が開催されていることをご存知だろうか。
「アンデスのフチ子」「アゴ呼ぶな!」 古代アンデス文明展で変顔コンテストを開催する理由

「文明展」と聞くと、ちょっと小難しい勉強イメージを持つ人もいるかもしれない。
だが、憧れを抱いたことがある人も多い「ナスカの地上絵」も、「シカンの黄金の仮面」も「インカ帝国」も、みんな古代アンデス文明だ。
そして、これらの時代・地域ごとの切り口で開催されてきた展覧会を、ひとつにまとめ、体系的に見せてくれるのが、今回の「古代アンデス文明展」なのだ。そう思うと、確かに勉強にはなる。

しかし、実際に行ってみると、「文明展」であることや、勉強的要素をいったん忘れ、シンプルにアートとしての魅力に引き込まれてしまった。


土器のユニークな造形の裏に恐ろしい背景も


ミイラなどを展示している撮影NGのスペース以外、基本的に撮影OKということもあり、造形的可愛さ・面白さに、思わず写真を撮りまくってしまった。
「アンデスのフチ子」「アゴ呼ぶな!」 古代アンデス文明展で変顔コンテストを開催する理由

例えば、シュールな表情や、ユニークな造形の中には、『神のちから』時代のさくらももこ的なタッチのものや、中川いさみや吉田戦車的なもの、『神聖モテモテ王国』のファー様(ファーザー)のようなデザイン、雷句誠の『金色のガッシュ!!』に出てきそうなデザインもある。
「アンデスのフチ子」「アゴ呼ぶな!」 古代アンデス文明展で変顔コンテストを開催する理由

「アンデスのフチ子」「アゴ呼ぶな!」 古代アンデス文明展で変顔コンテストを開催する理由

しかも、「斬られた自分の首を両手で持つ男をかたどった土器」のような恐ろしいものもあれば、一見、フレンドリーな猫が肩を揉んでくれているような造形ながら、実はいけにえを押さえ込んで、噛もうとしているなど、面白さ・可愛さの裏に、ひどく恐ろしい背景が潜むものもある。

あわせて読みたい

  • 美術館は無料にすべき? パリ・ルーヴル美術館の決定とは

    美術館は無料にすべき? パリ・ルーヴル美術館の決定とは

  • ムンクの「叫び」 叫んでなかった

    ムンクの「叫び」 叫んでなかった

  • 英国式ブラックユーモアを学ぶ

    英国式ブラックユーモアを学ぶ

  • コネタの記事をもっと見る 2017年12月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース