bit

人々に一攫千金の夢をもたらした“ゴールドラッシュ”

“宝くじ”“トレジャーハンター”“アメリカン・ドリーム”などと並び、人々に夢とロマンを与えてくれる言葉である“ゴールドラッシュ”。昨今では単に金の発掘というだけでなく、色々な意味で用いられているこの言葉だが、その歴史を皆さんはどれだけ知っているだろうか。

そもそもゴールドラッシュとは?


人々に一攫千金の夢をもたらした“ゴールドラッシュ”
(C)NGC / Qian Li

その字面からか、“大量の金が発掘されること、莫大な利益がもたらされること”という意味を持たれることも多いゴールドラッシュだが、本来の意味は“新しく発見された金鉱に人々が殺到すること”である。

ゴールドラッシュという言葉が生まれたのは、19世紀のアメリカ・カリフォルニアでのこと。1848年にジェイムズ・マーシャルという人物が当時はまだ小さな町だったカリフォルニアの地で砂金を発見。その知らせは瞬く間に広がり、国内外問わず一攫千金を狙う採掘者やその採掘者相手にビジネスを展開しようとする人々がこの地を目指した。

当時、交通インフラがあまり発展していなかったためカリフォルニアへの旅路は困難が尽きなかったが、日に日に採掘者たちの数は増え続けていった。1849年にその数が急増したことから“49ers (フォーティナイナーズ)”と呼ばれた世界中の開拓者たちの数は、一説には30万人とも言われている。

ゴールドラッシュがもたらした影響


ゴールドラッシュが与えた影響は大きく、人口が急増し都市として発展したカリフォルニアは1850年にアメリカ合衆国31番目の州として制定された。また採掘された金により正貨の準備が容易になったため金融機関も発展、1849年に24行だったニューヨークの銀行が1853年には57行に増えた。

現代の世においてもゴールドラッシュの影響を受けて誕生したものがある。当時の採掘者の悩みの種であった“金を掘るとズボンがすぐに破れてしまう”という問題を解決するために発明されたのが、今も世界中の人々に愛用されているジーンズである。また、採掘者相手の雑貨商で財を成したリーランド・スタンフォードが後年に設立したのが、現代における世界最高峰の大学の一つであるスタンフォード大学だ。

あわせて読みたい

  • 「Tポイント」を利用してコンビニで「BIG」を買う

    「Tポイント」を利用してコンビニで「BIG」を買う

  • 宝くじを集めよう

    宝くじを集めよう

  • コネタの記事をもっと見る 2017年12月26日のコネタ記事
    「人々に一攫千金の夢をもたらした“ゴールドラッシュ”」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      生きるためのゴールドラッシュならば発展途上国の子供達がやっている、有毒溶解液に携帯の基盤を入れてわずかな金が浮いてくるのを素手ですくって換金し精一杯生きているよ

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース