bit

カップうどんに入れて美味しい“せんべい”がどれなのか教えます

神戸港と香川県の高松港とを結ぶ「ジャンボフェリー」という客船がある。片道およそ4時間。私にとってはちょうど良い乗船時間で、運賃も2,000円ほどと手ごろ。のんびりした気分になれるので大好きな航路だ。

その「ジャンボフェリー」の名物が売店コーナーで食べられる立ち食いのうどん。なんせ“うどん県”こと香川県へ行き来するフェリーだから味にはこだわりがあり、コシのあるうどん、いりこ出汁が効いたスープが手軽に堪能できるので乗る度に食べることにしている。先日、そのコーナーのメニューの中に見慣れない文字を発見して注文してみたのが「島うどん」だ。

うどんに浮かんだ「おせんべい」


どんなものかと思ったら、うどんにおせんべいが浮かんだものが出てきた。関東でいう「歌舞伎揚(かぶきあげ)」、関西でいう「ぼんち揚(あげ)」に近いようなせんべいだ。
カップうどんに入れて美味しい“せんべい”がどれなのか教えます

「えっ!せんべい!」と最初こそ驚いたが、スープに浸って徐々にふにゃっとした歯ごたえになっていくその変化が楽しく、また甘じょっぱい風味自体もうどん全体としっかり調和していて、すごく良いトッピングになっているのだ。

うどんに入っているのは、香川県の小豆島にある「タケサン」というメーカーのロングセラー商品である「島の味」というせんべいだそうで、それにちなんで「島うどん」というメニュー名になっているらしい。
カップうどんに入れて美味しい“せんべい”がどれなのか教えます

食べながら気づいたのだが、これってカップそばに入っている“天ぷら”に結構近いものなんじゃないだろうか。あれも後入れしてサクサク感を楽しんだり、人によってはふやかして食べるのが好きだったりするし、よく味わってみると純粋な天ぷらとは別の、あれはあれっていう感じの味だし。
カップうどんに入れて美味しい“せんべい”がどれなのか教えます

実際にカップそばの天ぷらをそのままカリッとかじってみたらかなりせんべいっぽかった。それで確信した。うどんに天ぷら替わりにせんべいを入れてみてもきっとそんなに違和感はないはず。米や小麦粉、でんぷんを揚げたり焼いたりしたものがうどんに合わないわけがないのだ!

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年1月2日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース