review

衝撃の「東芝解体」をノンフィクションで見直す、これは一企業の問題ではない

衝撃の「東芝解体」をノンフィクションで見直す、これは一企業の問題ではない
『テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅』(小学館)。大宅賞作家の児玉博が、東芝の解体にいたる経緯を元社長・西田厚聰の人生を軸にたどったノンフィク
       
2017年もついに大晦日を迎えた。アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアでは年越しにあたりカウントダウンイベントが行なわれる。世界各地から100万人以上の観客が集まり、10億人がテレビ視聴するというこのイベントのオフィシャルスポンサーには、日本企業として東芝が参加している。

東芝が、タイムズスクエアでもっとも目立つ位置に建つワン・タイムズ・スクエア・ビルの最上部に「東芝ビジョン」と呼ばれるLED2面の広告看板を掲出したのは、いまからちょうど10年前の2007年12月のこと。当時の東芝社長・西田厚聰は、看板の点灯式において「ここから東芝の戦略を全世界に示してグローバル競争を勝ち抜いていく」と高らかに宣言した。東芝はこの前年、アメリカの原子力発電関連の大手メーカーであるウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の買収に成功していた。

だが、この東芝ビジョンのもとでカウントダウンが行なわれるのも、今年で最後となる。すでに東芝は、経営再建の一環として来年前半の契約満了をもって東芝ビジョンの撤退を決めているからだ。

不正会計の発覚から解体へ


名門電機メーカーの東芝にとって2017年は、解体の一途をたどった1年だった。その直接の原因は、3月に前出のWHが巨額損失を出して経営破綻したことだ。これにより債務超過に陥った東芝は、唯一残った成長部門である半導体メモリー事業の売却が9月にようやく決まり、かろうじて命脈を保った。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「衝撃の「東芝解体」をノンフィクションで見直す、これは一企業の問題ではない」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    原発政策は経産省の役人に乗せられた西田さん他の歴代社長の責任だが一番の悪は偉そうな役人たち… コイツらは日航をはじめ不祥事の根源だ… 真っ先に粛清されるべきは官僚でしょう?

    15
  • 匿名さん 通報

    通商産業省、現在の経済産業省に半ば強制されてWHを買収し、巨額の損失を出した東芝。最大の問題は、経済産業省のクズ官僚が今でも生き残っていること。アベノミクスで大罪を犯しているのも経産官僚。

    9
  • 匿名さん 通報

    海外投資家は日本企業を安く買う方法を見つけたんだよ ルノーは三菱自動車も手に入れた、中国はシャープアメリカは東芝を狙った、これでわかるだろ、日本は、狙われている

    6
  • 匿名さん 通報

    まず、これを書いたのは無知だということ、東芝がWH買収時の話が書いてない。東芝はWH買収の条件は日本のある商社と共同買収が条件だったが、後にその商社が抜ける、つまり東芝はハメられたのだ

    5
  • 匿名さん 通報

    神戸製鋼が、不正したってあるが、神戸製鋼製品は不正しようが世界トップクラスの製品、何が問題なのか?それは日本の無駄に厳格な字数に満たなかっただけで、ここまで攻撃されるのは、おかしいでしょ

    4
この記事にコメントする

「イベント + 静岡」のおすすめ記事

「イベント + 静岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 福岡」のおすすめ記事

「イベント + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月31日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。