review

「平成細雪」今夜2話。谷崎潤一郎原作を激動の平成に投じた結果、四姉妹の運命は

谷崎潤一郎の小説『細雪』といえば、市川崑監督による映画(1983年)をはじめ、これまで繰り返し映像化されてきた。大阪・船場の旧家・蒔岡家の四姉妹を描いたこの作品がなければ、おそらく向田邦子の「阿修羅のごとく」や橋田壽賀子の「渡る世間は鬼ばかり」といったドラマ(いずれも姉妹が物語の中心になっている)も生まれなかったのではないだろうか。
「平成細雪」今夜2話。谷崎潤一郎原作を激動の平成に投じた結果、四姉妹の運命は
谷崎潤一郎『細雪』は現在、中公文庫、新潮文庫、角川文庫などで読むことができる(画像は角川文庫版)。同作を原作としたドラマ「平成細雪」第2回(1月14日放送)では、雪子の新たな縁談の相手として、松尾スズキ扮する「40代ながら著しく老けて見える」研究者が登場

その『細雪』の設定を平成に変え、装いも新たに映像化したドラマ「平成細雪」(蓬莱竜太脚本)が先週よりNHKのBSプレミアムで始まっている(日曜よる10時~。全4回)。1月7日放送の第1回は、元禄時代に呉服商として創業した大手アパレルメーカー「マキオカグループ」が、16代目当主・蒔岡吉次郎(長塚京三)の手で経営を外資系企業に譲渡する場面から始まった。それは平成4(1992)年、バブル崩壊の余波が各方面に広がろうとしていた時期だ。吉次郎はそれからまもなくして亡くなる。ドラマでは、家の“没落”後にあって四姉妹のそれぞれの生き方が描かれていく。

2人の妹を中心に回っていく物語


姉妹を演じる女優も、年明け最初のドラマにふさわしく豪華だ。長女であくまで家を守り抜こうとする「御料(ごりょん)さん」こと鶴子に中山美穂、次女で分家に暮らす幸子に高岡早紀、そして三女の「きあん(雪姉)ちゃん」こと雪子に伊藤歩、四女の「こいさん」こと妙子に中村ゆりがそれぞれ扮している。華やかな上2人に対し、下の2人を演技派の2人が固めるという構図だ。

あわせて読みたい

  • 『春琴抄』の語り手は萌え豚なのか

    『春琴抄』の語り手は萌え豚なのか

  • 今夜から「渡鬼」もとは借金カタだった

    今夜から「渡鬼」もとは借金カタだった

  • 北川景子土下座の理由「探偵の探偵」

    北川景子土下座の理由「探偵の探偵」

  • あっぱれ、昼顔妻に喝!「昼顔」最終回

    あっぱれ、昼顔妻に喝!「昼顔」最終回

  • レビューの記事をもっと見る 2018年1月14日のレビュー記事
    「「平成細雪」今夜2話。谷崎潤一郎原作を激動の平成に投じた結果、四姉妹の運命は」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      NHK BS での放送なのか、放送してること事態、知ってる人少なそうだ。

      3
    • 匿名さん 通報

      コンプレックスが爆発するにだ!あそこに都はなかったにだ!関西弁を聞くとイライラするにだ!日本のすべてをエドマエにしてやるにだ!

      2
    • 匿名さん 通報

      くだらん。

      2
    • 匿名さん 通報

      発想が韓流ドラマ並みに貧相

      2
    • 匿名さん 通報

      ささめゆきって聞くとサムライスピリッツの橘右京の技、秘剣ささめゆきしか思いだせん。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース