review

「越路吹雪物語」第2週。八重子の父親が熊に殺されたというのに、ビフテキの歌を歌ってる場合かコーちゃん

帯ドラマ劇場・第3弾『越路吹雪物語』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第2週。

とにかく勉強が嫌いなコーちゃんこと河野美保子(瀧本美織)は、父親(尾美としのり)からの勧めで「勤め先のすっごく偉い人がやっている歌劇団」の音楽学校を受験することに。

もう少し新潟での生活が描かれるのかなと思いきや、第6話でサクッと宝塚編に突入。

前作『トットちゃん!』では、黒柳徹子がNHKの入社試験を受けたのは第34話(全60話なのに!)。……どうりで後半、ダイジェストみたいにやたらバタバタした展開だったわけだ。

『越路吹雪物語』では、肝心の宝塚歌劇団時代、その後のシャンソン歌手時代をじっくりと見せてもらえそうだ。

ちなみに、コーちゃんの父親は東京電燈株式会社のエンジニアをやっていたので、「勤め先のすっごく偉い人」というのは宝塚歌劇団を作った小林一三のこと(当時、東京電燈株式会社の取締役もやっていた)。

小林一三は今の朝ドラ『わろてんか』で高橋一生が演じている伊能栞のモデルとされている人物でもある。

どちらも関西のエンタメ業界を描くドラマということで、今後も何かリンクするようなことがあるのかも?
「越路吹雪物語」第2週。八重子の父親が熊に殺されたというのに、ビフテキの歌を歌ってる場合かコーちゃん
イラスト/北村ヂン

八重子の境遇がド不幸すぎて観ていられない!


華やかなスターへの道を歩みはじめたコーちゃんと対照的に描かれていたのが、新潟での親友・八重子(市川由衣)だ。

高等女学校に進んだのにロクに勉強もせず、しまいにゃ「歌って踊って足を上げる!? たのしみだなー!」と、宝塚音楽学校を受けることにしたコーちゃん。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年1月22日のレビュー記事
「「越路吹雪物語」第2週。八重子の父親が熊に殺されたというのに、ビフテキの歌を歌ってる場合かコーちゃん」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    イラストが、エライ、ポップで色彩がドギツイ。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

越路吹雪物語

越路吹雪物語

『越路吹雪物語』はテレビ朝日で放送されている帯ドラマ。大地真央・瀧本美織が演じるシャンソンの女王越路吹雪と、市毛良枝・木南晴夏演じる盟友岩谷時子との友情&波乱の人生を描く物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース