smadan

ファービー、プリモプエル…「aibo」復活前に進化を遂げていたペットロボットたち

ファービー、プリモプエル…「aibo」復活前に進化を遂げていたペットロボットたち

1月11日、ソニーから約12年ぶりに家庭向けの犬型ロボット「aibo(アイボ)」の新型が発売されました。本体価格は19万8,000円(税別)。けっこうなお値段にもかかわらず、初回の予約販売は30分足らずで完売。その後、2回目は14分、3回目も38分で売り切れたというから、相変わらずの人気を博しているようです。

さて、初代「AIBO」が発売された1999年前後は、空前のペットロボットブームが起こっていた時期。セガの「プーチ(POO-CHI)」、バンダイの「プリモプエル」、アメリカ生まれの「ファービー」など、来るべき21世紀を前に、さまざまな機械仕掛けの愛玩動物が発売され、人間たちの良きパートナーになっていたものです。
あれから10数年。すっかりブームが沈静化したため、以前のように世間から熱視線を浴びることはなくなったものの、これらのペットロボットはひそかに改良を重ねられ、aibo同様に、バージョンアップした個体が売られていたのをご存じでしょうか? そこで今回、世紀末に流行したペットロボットが今どのように進化を遂げているのか調べてみました。
ファービー、プリモプエル…「aibo」復活前に進化を遂げていたペットロボットたち
画像は先代AIBOウェブサイトのスクリーンショット


プーチ(セガトイズ)


初代AIBOのメーカー希望小売価格は25万円。ハイテクロボットとしてはお買い得ですが、おもちゃにしては高すぎます。ということで、金銭的な理由から欲しくても購入できない人が多数いたものです。そんなAIBO難民のハートをガッチリキャッチしたのが、2000年4月に発売された「プーチ(POO-CHI)」。機嫌の良し悪しをつかさどる「ココロ回線」なるプログラムと、2980円という抜群のコスパがウケて、全世界1200万台を売り上げるセガトイズ最大のヒット商品になりました。
それから14年後の2014年7月。プーチは「ハートエナジー プーチ」として再デビュー。見た目は、従来のカクカクした機体から丸みを帯びたフォルムへと一新。機能的には、1カ所だったタッチセンサが3カ所に増え、歌を16曲歌えるようになり、さらには、ニンテンドー3DSにダウンロードしたソフトと連動させて遊べるようになるなど、たしかな進化を遂げています。




編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク