2月24日から公開中のファンタジー長編アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがっているんだ。」などの脚本で知られる岡田麿里の初監督作品で、公開前から大きな話題を集めてきた。
岡田監督インタビューの後編では、少女の姿のまま、数百年の時を生きるマキアや、マキアの息子エリアルらメインキャラクターとキャストについてのエピソードや、物語の中盤以降の展開にも触れていく。
本編を未見で、ネタバレが気になる人は、読む前に映画館へ!

(前編はこちら
「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い
ヘルム農場に身を寄せたマキアとエリアル。女主人のミドや息子のラング、デオルと一緒に暮らした日々は二人にとっても平穏な日々だった。しかし、その後、二人でさまざまな土地を転々とすることに。

もっとお客さんを信頼した作り方をしたかった


──岡田監督の中で「こんな映像を見せたい!」と強く思っていたシーンなどがあれば教えて下さい。
岡田 今回、この方が参加して下さるなら、こういうことができるなと逆算ができたところがあって。特に、(美術監督の)東地(和生)さんが入って下さることになって、背景で見せるシーンができるなということはすごく思ったんです。冒頭の方で、マキアがイオルフの里を出た時、一瞬、空がパーンと開けてマキアの顔が変わるところは、(脚本の)ト書きに「イオルフの里はすごく綺麗な場所だけど、そこから出て見た外の世界の美しさにマキアが『あー!』となる」といったことが書いてあるんです。それって実際にどんな光景なんだろうって感じですが、東地さんが入ってくれたら、絶対に大丈夫だと思っていました。最後の方の「こんなに美しい世界、忘れられるはずがない」と言うセリフも、シナリオではもっと長かったのですが、尺の都合で少し短くしたんです。あそこは、イオルフを出た時に観た景色を美しいと思ったことが伏線となるので、元のセリフでは「あの時、命からがら逃げてきて〜」みたいなことを言っていました。でも、東地さんの(美しい)美術があれば、そんな説明が無くても伏線は機能すると思ったんです。それに、今回やってみたかったことの一つに、もっとお客さんを信頼した作り方をするということもありました。アニメの世界ってどうしても、お客さんを迷わせない、誤解させないという作りになりがち。状況説明でもキャラクターの感情でも、「これくらいで伝わるんじゃないかな」と思うことがあったので、それを一回やってみたかったんです。

この記事の画像

「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い」の画像1 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い」の画像2 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い」の画像3 「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い」の画像4
「「さよならの朝に約束の花をかざろう」岡田麿里監督がラストカットに込めた思い」の画像5