review

「宇宙よりも遠い場所」いしづか監督&田中プロデューサー「最初は女の子が主人公のラブコメだった」

高校生になったら何かを始めたいと思いながら、何もしないまま2年生になってしまった「キマリ」こと玉木マリ(CV:水瀬いのり)
中学生の時から、母親が消息を絶った南極へ行くことだけを目指してきた、一見クール美少女の小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)
キマリや報瀬と同じ年だが高校には通わず、コンビニでバイトしながら大学受験の準備をしている三宅日向(CV:井口裕香)
幼い頃から芸能活動をしているローカルタレントで、高校1年生の今まで友達ができたことのない白石結月(CV:早見沙織)

4人の女子高生が南極を目指すという斬新な設定ながら、青春物の魅力にあふれ、1月の放送スタート直後から人気を集めているアニメ「宇宙よりも遠い場所」
「宇宙よりも遠い場所」いしづか監督&田中プロデューサー「最初は女の子が主人公のラブコメだった」
『宇宙よりも遠い場所』のメインスタッフである、監督:いしづかあつこ、シリーズ構成:花田十輝、プロデューサー:田中翔の3人は、人気作「ノーゲーム・ノーライフ」から続いているチーム

先日放送された第10話では、ついに4人が南極の昭和基地へ到着。南極での生活が始まった。
今月末の最終話も近づく中、いしづかあつこ監督田中翔プロデューサーにインタビュー。前編では、企画のスタートからメインキャラクターのキマリたちが生まれるまでのエピソードを語ってもらった。

人間の心の機微を描くことにチャレンジしようと話していた


いしづか 次はオリジナルの作品を作ろうと言い始めた時、まず最初に「女の子が頑張る話」というのをキーワードとして出しました。その時から「ドラマを大事にしよう」ということはずっと言っていて、今でも意識しているところです。女の子の物語だと、女の子の日常を描くだけでも面白く観られたりするんですよ。でも、女の子の「キャッキャウフフ」をただ観せる作品ではなく、人間の心の機微を描くことにチャレンジしようと話していました。それは、...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月12日のレビュー記事
「「宇宙よりも遠い場所」いしづか監督&田中プロデューサー「最初は女の子が主人公のラブコメだった」」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    裏話が聞けて嬉しいです。終わってほしくないアニメ。もっといろんな人に知ってもらいたい。

    12
  • 匿名さん 通報

    はじめは流されるだけの時間つぶしアニメと思っていたが豪華な声優陣で、3話目あたりから話が進むにつれておもしろくなってきている。2期も3期もありそうな展開に。

    11
  • 匿名さん 通報

    後編、楽しみにしてます。

    6
  • 匿名さん 通報

    ほかの方が言ってるみたいに二期三期はあまり来なさそうなイメージ....どちらかというとOVAが来そうな感じです。

    4
  • 匿名さん 通報

    >日向と結月  個人の写真(簡単な説明含めた)欲しかったですね。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース