review

最終回「もみ消して冬」ジャニーズとして山田涼介はどうあるべきか、ドラマをヒントに考察してみた

秀作「何の見返りも求めず、無償の愛と豊富なたんぱく質を人間に提供してくれる鶏。そんな鶏のような人間に、僕はなりたい!」

綺麗な顔の青年が、鶏に囲まれひとり天啓を受けた。

秀作(山田涼介)の手には産みたての卵。ジャ、ジャ、ジャーンと火曜サスペンス劇場のテーマ曲。
褒められもせず苦にもされない、鶏のような生き方。それが秀作のたどり着いた答えだった。
最終回「もみ消して冬」ジャニーズとして山田涼介はどうあるべきか、ドラマをヒントに考察してみた

3月17日(土)放送のドラマもみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~(日本テレビ系列)、最終回。

取り違えられたこどもである北沢秀作と吉田邦夫(加藤諒)は、お互いの家を入れ替えて生活していた。一週間の期限が過ぎても、居心地が良くて2人とも元の家に戻ろうとしない。
そんな状況で、北沢家の父・泰蔵(中村梅雀)がミランダとの密会写真をネタに金銭を強請られた。いくら感謝をされなくても育ててくれた父親には報いるべきだと、秀作は写真が保管してある探偵事務所に侵入。そこで邦夫と鉢合わせ、ミッションは失敗。秀作は逮捕されてしまう。

もみ冬’S PRIDE! コメディドラマの矜持



秀作「最小の犯罪で最大の成果をあげる。これも北沢家の流儀、KITAZAWA'S PRIDEだ!」

探偵事務所に侵入する際、秀作は北沢家の流儀を守り、鍵のかかったドアには触れず窓から入っていった。秀作が守ったそのドアを派手に壊して入ってくる邦夫。

後輩の尾関(小瀧望)に取り押さえられ、逮捕された秀作はこれまでの罪を償う。

あわせて読みたい

「最終回「もみ消して冬」ジャニーズとして山田涼介はどうあるべきか、ドラマをヒントに考察してみた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    どうしようもないドラマがまたひとつ終わった。 カンボジアはいつ豊かになるのだろう。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」は日本テレビで放送されているホームドラマ。山田涼介が演じるエリート警察官、波瑠が演じる敏腕弁護士、小澤征悦が演じる心臓外科医のエリート3兄弟が家族にふりかかるトラブルを全力で解決していく。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース