review

最終話「隣の家族は青く見える」一生一緒にいたいと思えるパートナーと出会えたことがそもそも奇跡なんだ

       
3月22日(木)放送のドラマ隣の家族は青く見える(フジテレビ系列)最終話。
ドラマの中だけにとどまらず、副音声でもワイワイしていたコーポラティブハウスの住人たちにもう会えないと思うと、さみしい。

9話で、ずっと待ち望んでいた赤ちゃんを流産してしまった奈々(深田恭子)。
SNSでは、最終話で「数年後……」というテロップとともに奈々と大器(松山ケンイチ)のこどもが登場する展開を期待する声も多かった。しかし、奈々と大器は、一度こどもがいない未来を考えてみることを選んだ。
最終話「隣の家族は青く見える」一生一緒にいたいと思えるパートナーと出会えたことがそもそも奇跡なんだ
イラスト/Morimori no moRi

大切な人と別れ本末転倒にならないために


聡子「妻がつらい思いしているときは、夫も一緒につらい思いするべきでしょう。嬉しいことや楽しいことは誰とでも共有できるけど、つらいことや悲しいことは一番大事な相手としか共有できないんじゃないの。つらくても悲しくても、悩んでも苦しんでも2人で一緒に生きていこうって約束したのが夫婦なんじゃないの。それが結婚ってものなんじゃないの」

大器と離れ、実家のある伊豆に帰っていた奈々。大器につらい思いをさせることに耐えられなくなっていた奈々に、義母・聡子(高畑淳子)が助言した。お説教のようになってしまったことを照れ、聡子は言い終わると「ごめんね、ごめんね、いひひ」と泣き笑いになる。

最終話では、4組の夫婦が新しく生まれたり再生したりした。
事実婚を選択した亮司(平山浩行)は、口約束でなく、きちんとした事実婚契約書と遺言を

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最終話「隣の家族は青く見える」一生一緒にいたいと思えるパートナーと出会えたことがそもそも奇跡なんだ」の みんなの反応 1
  • 匿名 通報

    それぞれの家族が、どこにでも居そうな感じで親しみが持てた。最近のドラマの中では、一番好きだったから終わって残念。スペシャル版でやってもらいたい。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

隣の家族は青く見える

隣の家族は青く見える

フジテレビ系『木曜劇場』で放送されたヒューマンドラマ。引っ越しを機に妊活をはじめる夫婦を中心に、コーポラティブハウスに住む家族達の葛藤と成長をハートフルに描く。

2018年3月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。