review

斎藤工、素顔でネタ披露。人は生まれながらにして「MASKMEN」最終話

2018年2月20日。斎藤工とくっきーは、R-1敗退から約1ヶ月ぶりに再会した。

斎藤工「このままじゃこの『MASKMEN』、終われないなというのがありまして」
くっきー「尻下がりもええとこですもんね」
斎藤工「なので……素顔で、やろうと思います」

斎藤工が「匿名&覆面」で芸人に挑んできた『MASKMEN』(テレビ東京系)もいよいよ大詰め。人印(ピットイン)、フェイス・ザ・チャンスと、仮面をかぶってきた斎藤工が、ついに素顔をさらして舞台に立つ。最終回のタイトルは「芸人」。
斎藤工、素顔でネタ披露。人は生まれながらにして「MASKMEN」最終話
イラスト/まつもとりえこ

生まれながらの「マスク」で舞台に


タイトルの『MASKMEN』の通り、これまで斎藤工は覆面をかぶって芸人活動をしていた。素顔をさらすことに対しての斎藤工の解釈は「人は皆いろいろな顔(=マスク)を持っている」ということ。ならば最後は自分自身の「マスク」で舞台に上がりたい。斎藤工はくっきーと組み、ライブに出演することを提案する。

『MASKMEN』は、斎藤工がマスクを何重にもかぶったドラマだった。人印というマスク、芸人というマスク、俳優というマスク、そして『MASKMEN』というドラマを演じるマスク。フェイス・ザ・チャンスの元ネタも、顔を次々と変わる中国雑技「変面」だ。

それら全てのマスクを脱いだとしても、立場や環境に応じて「顔」は変わる。常にマスクを被っている状態であり、人は生まれながらにして「MASKMEN」だとも言える。

「石田さんのせいですよね?」


あわせて読みたい

  • 「MASKMEN」斎藤工「影武者」を用意

    「MASKMEN」斎藤工「影武者」を用意

  • 「MASKMEN」くっきー「自分はもつだ」

    「MASKMEN」くっきー「自分はもつだ」

  • 「MASKMEN」斎藤工ミーツToshI甘い漫談

    「MASKMEN」斎藤工ミーツToshI甘い漫談

  • 斎藤工「MASKMEN」小峠に相談するの巻

    斎藤工「MASKMEN」小峠に相談するの巻

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年3月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    MASKMEN

    MASKMEN

    「MASKMEN」はテレビ東京系の連続ドラマ。野性爆弾くっきーが初プロデュースする新人お笑い芸人の成長過程を記録したドキュメンタリー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース