review

「MASKMEN」10話。R-1敗退の斎藤工に永野「自意識過剰かもしれない」

2018年1月8日。R-1ぐらんぷり1回戦の4日前、斎藤工は自ら考えた芸名をくっきーに報告していた。

斎藤工「僕ら安室世代じゃないですか。なので……『フェイス・ザ・チャンス』」
くっきー「いや、めちゃめちゃダサないですか!? 言えよ先!大反対やわ!」
斎藤工「でもこれでエントリーしちゃったんで……」

俳優・斎藤工が野性爆弾くっきーと組み、覆面&匿名で芸人を目指す『MASKMEN』(テレビ東京系)。ついにR-1ぐらんぷり1回戦の日がやってくる。第10話のタイトルは「挑戦」。
「MASKMEN」10話。R-1敗退の斎藤工に永野「自意識過剰かもしれない」
イラスト/まつもとりえこ

R-1 1回戦、待ち受ける非情な結果


2018年1月12日。R-1ぐらんぷり1回戦当日。斎藤工は、よしもと幕張イオンモール劇場にいた。フェイス・ザ・チャンスのエントリー番号は3465番。顔を覆うマスクにサングラスをかけ、一人でロケバスを降りて会場に入ってゆく。

この日のために作り上げたネタは、冴えないサラリーマンが自身の顔を変えてくれと神様に頼むも、次々と変な顔にされてしまうというもの。NON STYLE石田が設定を作り、くっきーがネタを仕上げ、斎藤工がツッコミを練り上げた。そんな「チームMASKMEN」渾身のネタだったが……。

斎藤「お客さんの返りを期待しすぎないような、シミュレーションではいたんですけど……。」

出番を終え、斎藤工はロケバスの中で出来を振り返る。放送ではネタがノーカットで流れたが、客席の反応はいまひとつ。懸念していた制限時間2分にネタは収まったものの、タイムアップを恐れるあまり「間」を取ることがほとんど無かったようにも見えた。

あわせて読みたい

  • 「MASKMEN」くっきー「自分はもつだ」

    「MASKMEN」くっきー「自分はもつだ」

  • 「MASKMEN」斎藤工ミーツToshI甘い漫談

    「MASKMEN」斎藤工ミーツToshI甘い漫談

  • 斎藤工「MASKMEN」小峠に相談するの巻

    斎藤工「MASKMEN」小峠に相談するの巻

  • 斎藤工「MASKMEN」」くっきーとの別離

    斎藤工「MASKMEN」」くっきーとの別離

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年3月23日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    MASKMEN

    MASKMEN

    「MASKMEN」はテレビ東京系の連続ドラマ。野性爆弾くっきーが初プロデュースする新人お笑い芸人の成長過程を記録したドキュメンタリー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース