大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第11回「斉彬暗殺」3月17日放送  演出:津田温子
「西郷どん」11話「まともな父親は誰ひとりおらぬようだな」男の大河を否定か
「西郷どん(せごどん)とよばれた男」 原口泉 NHK出版
「西郷どん」の時代考証者による入門書

大河ドラマでは数少ない女性演出家登場


女性演出家の担当回。
大河ドラマで女性が演出するのは、2013年「八重の桜」の一木正恵以来となる。一木は19年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」にも参加する予定(公式サイトに名前が出ている)。
津田温子が大河に参加するのはこれがはじめてではない。「龍馬伝」(10年)に参加している。大河以外だと「トットてれび」(16年)の演出を手がけていて、画に凝ったドラマに関わっている好印象があり、期待して11話を見た。

又吉直樹と渡辺謙


島津斉彬(渡辺謙)が徳川家定(又吉直樹)と対面。
また豆をポリポリ食べている家定。庭のカラスににこにこして、カーカーとコミュニケーションをとろうとする。
その様子を見て苦い顔の斉彬。渡辺謙がひたすら真面目な顔をしているので、とぼけた又吉との落差が出て、逆に面白い。
いまやハリウッドでも活躍する名優・渡辺謙は、ある時期、病を得て主演映画の降板などもあり、少々試行錯誤しているように感じる時期があった。それがテレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(00年)で、若い俳優相手に軽妙な芝居をしたあたりから、新たなファンも獲得、映画「ラストサムライ」(03年)出演を経て、完全復活した。重厚な演技派のイメージがあるが、面白いシーンでも生きる俳優(自分で笑わせるというよりは、演出家の意図をしっかり体現できる、まさに優れた俳優)だ。