大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 

第9回「江戸のヒー様」3月4日放送  演出:野田雄介
「西郷どん」9話。伊武雅刀、佐野史郎、又吉直樹、松田翔太と曲者揃って江戸編
『西郷どん!』上製版前編  林真理子/KADOKAWA

いよいよ江戸へ


深夜のお夜食の作り方を紹介し、ひそかに人気の料理番組「きじまりゅうたの小腹がすきました」の3月放送の4本は「西郷どん」とのコラボ企画であった。
先日、私が観た回は「西郷どん」に有村俊斎役で出演中の高橋光臣が出て、肉を切りながら、吉之助(鈴木亮平)の右肩の負傷の話をしていた。
9話では、吉之助の人生を規定した、この負傷にまつわる思い出が蘇る。

いろいろ番組宣伝にも工夫している「西郷どん」、いよいよ江戸へ。
斉彬(渡辺謙)のお供で江戸へと向かう吉之助。
道中、休憩中、斉彬は、もぐもぐとさつまいもを食べている。休憩中だから、食事かおやつを摂取することにはリアリティーがある。それこそ「小腹がすいた」のであろう。
やってもやらなくてもいいようなことをあえてやることで、斉彬が印象に残る。悪目立ちではなく、意味のあるオリジナルの動きをすることは、俳優にとって大事なことだ。渡辺謙、はなをかんだり、芋をくったり、芸が細かい。

斉彬一行は、薩摩を立って45日後、通常の行程よりも6日も早く江戸につくという余裕を見せる。
ドラマの最後のお決まりだった「西郷どん チェスト きばれ」のナレーション(西田敏行)が、しょっぱなから発されて、勇ましきタイトルバックがはじまる。