review

「おそ松さん」2期24話。六つ子、マジで全員働いてしまう。おそ松は「ちゃんと」していたのか

一期の24話は、おそ松以外の5人がバラバラになって、各々ギスギスした空気の中、歯を食いしばって自立する、しんどい話だった。
二期24話は、一期の辛さと対をなす、明るく前向きな自立の物語になっている。
会話や脇役キャラクターなどで、過去話の伏線を次々回収。
「ちゃんとする」とはなにかというテーマにそって、二期が作られていたのがわかる回だ。
「おそ松さん」2期24話。六つ子、マジで全員働いてしまう。おそ松は「ちゃんと」していたのか
「おそ松さん」第二期第5松。パッケージは十四松

倒れた父、動き出す六つ子


話は父・松造が倒れたところからはじまる。六つ子は慌てて病院に駆けつけ、呆然。落ち込んで病室から帰ることすらできない。

今までは親の言葉に一喜一憂しても「このままではニート生活ができなくなるー!」とギャグで返せていた。
しかし六つ子は基本的に、兄弟に対しても両親に対しても、ものすごく家族愛が強い。特におそ松は、みんなが一緒にいることに常にこだわってきた。
父の病気の姿は、家族がいつまでも一緒にいられるわけではないという現実を、六つ子に突きつけてくる。

おそ松「俺達のせいだよな。うちの家ってずっと父さん1人に頼りきりだもん」「そろそろやんなきゃいけないのかなーと思ってさ。そのーしゅ…就職…とか。あと、自立? とか」

言ったらアレルギーの発作が起こる「就職」の語を、おそ松が自ら口にした。

働く順番


六つ子は自立に向けて、自分たちの出来る範囲から順に手を付けている。
最初は、激務の母・松代のお手伝い。お茶を入れ、肩たたき券を作り、部屋を掃除する。洗濯物をたたみ、食器洗いをし、買い物に行く。

あわせて読みたい

  • 「おそ松さん」極限状態で心を守る方法

    「おそ松さん」極限状態で心を守る方法

  • 君がバレンタインチョコを貰えない理由

    君がバレンタインチョコを貰えない理由

  • 原作傑作回「おそ松さん」よくぞやった

    原作傑作回「おそ松さん」よくぞやった

  • 「おそ松さん」幸せ恐怖症は不幸依存症

    「おそ松さん」幸せ恐怖症は不幸依存症

  • レビューの記事をもっと見る 2018年3月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おそ松さん

    おそ松さん

    赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作としたテレビアニメ。六つ子ニート、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松が登場!【キャスト】櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース