smadan

自己肯定感の低い人がやるべきことはたった一つしかない

「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterフォロワーが46万人を超えるマッチョ社長・Testosterone。本連載では、世の中の悩める男性に喝を入れ、筋トレによるライフハックや仕事術を提案します。
自己肯定感の低い人がやるべきことはたった一つしかない

「自分は誰かに必要とされている」「自分のことが好きだ」などと感じる“自己肯定感”。この自己肯定感が低く「自分なんて……」と思ったり、せっかく他人から褒めてもらっても素直に受け止められない。そして、何事にも後ろ向きになって挑戦する気もなくなってしまう。程度の差はあれ、こんな風になってしまっている人はいないだろうか。
今回は、そんな自己肯定感が低いと悩んでいる人にアドバイスを送りたい。
自己肯定感の低い人がやるべきことはたった一つしかない
画像はイメージ


アドバイスも何も、「やるべきこと」はただ一つ


早速だが、自己肯定感が低い人が「やるべきこと」は一つしかない。自己肯定感が低いということは、要するに“自分が好きじゃない/自分が嫌い”ということだろう。だったら「その理由」を一つずつ潰していくしかない。紙やスマホのメモ帳など何でもいいので、まずは自分で自分のことが嫌いな理由をリストアップしてみてくれ。

もし自分のビジュアルが嫌いな人なら改善できるように努力するしかない。筋トレして体を変えたり、ファッションにこだわってオシャレになったり。整形とまではいかなくても、いくらでもできることはある。整形に対する意見は人それぞれだが、僕は整形することにより自己肯定感が上がるなら整形は決して悪い手段ではないと思っている。
自分のことが嫌いな理由が「経済力がない」なら、仕事をがんばる。給料の高い仕事は何なのか、その職業に就くには何が必要か。転職が必要なのか。どんな資格があると有利なのか。いろいろとリサーチして、片っ端から自分の嫌いな部分を一つずつ徹底的に潰す努力をしていけばいい。


筋トレも試してみたら?


自己肯定感の低い人がやるべきことはたった一つしかない
画像はイメージ

自己肯定感を下げる原因に目を向け、きちんと改善しないと問題を根本的に解決することはできない。自分の欠点から目を背けていてはいけないのだ。自分の欠点を直視するのは勇気のいることだが、避けていると問題は解決できない。
逆に、なぜ自分で自分のことが嫌いなのかはっきりと理由を探っていけば、どこか掴みどころがなかった「低い自己肯定感」も解決できる問題となる。ちなみに、筋トレをすると自己肯定感が上がるというのは数々の研究により証明されているので、手っ取り早く自己肯定感を上げたい人は筋トレしてみるといいだろう。やはり筋トレは最強だな?

あわせて読みたい

  • 「ぼっち」こそ最強の効率

    「ぼっち」こそ最強の効率

  • 「陰キャ」を脱却してモテたいならなぜ筋トレしないのか【Testosteroneの筋肉仕事術】

    「陰キャ」を脱却してモテたいならなぜ筋トレしないのか【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • 「忖度」が苦手な君が最速で空気を読む力を手に入れる方法【Testosteroneの筋肉仕事術】

    「忖度」が苦手な君が最速で空気を読む力を手に入れる方法【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • 過重労働から君を守るのは筋トレだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

    過重労働から君を守るのは筋トレだ【Testosteroneの筋肉仕事術】

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年3月29日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    Testosteroneの筋肉仕事術

    Testosteroneの筋肉仕事術

    マッチョ社長・Testosteroneさんの連載記事。「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterのフォロワー40万人突破。世の中の悩める男に喝をいれ、筋トレによるライフハックを提案する。名言の数々を見逃すことなかれ。

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース