review

久住昌之+久住卓也のQ.B.B.新作『古本屋台』は天国か…あそこで飲みたい、あれを引きたい! 

久住昌之(とその弟)がまたやった!

『孤独のグルメ』のドラマ化で、広くその名を知られることとなった久住昌之氏が、実弟の久住卓也氏と組んでいる漫画ユニット「Q.B.B.」の新刊は、その名も『古本屋台』
Q.B.B. /集英社

久住氏といえば、駅弁の食べ方に煩悶する男の姿や、大勢ですき焼き鍋を囲む際のバトル、男子中学生たちの胸に覚えのありすぎる日常、酒が飲めない男のひとりメシなどなど、様々な場面と状況の中に偏在するどうでもいいこだわりを、巧みにすくいあげて漫画にしてきた。

そして今回の題材は「酒」と「古本」。その舞台は「屋台」。これは思いつかなかった!

東京都内の某所に、夜になると出没する古本の屋台。本来ならおでんの鍋でも据え付けてあるところに、古本がびっしりと詰められている。屋台を訪れた客は、気に入った本を買うことができる。

登場する古本は、松本隆の『風のくわるてっと』(ブロンズ社版)とか、今和次郎の『モデルノロヂオ 考現学』とか、古今亭円菊の『背中の志ん生』とか、ひたすらシブいラインナップで、いかにもこんな屋台に集まってくる人が喜びそうなものばかり。

で、基本はフィクションなのだが、荻原魚雷氏や岡崎武志氏といった、古本界では知らぬもののない人物も出演している。たしかに、古本屋台なんてものが実際にあったら、彼らが放っておくわけがない。

うちは飲み屋じゃないんだから


古本屋台は“屋台”と言うだけあって、酒もある。1杯100円。ただし、店主曰く「うちは飲み屋じゃないんだから」と、焼酎のお湯割り(季節によってはロック)を1杯だけ。つまみは置いてない。よそで酔っ払ってから来た客は追い返す。そんな頑固な店主だが、バイオリン演奏の心得があったりもする。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク