bit

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ペンギンの骨格標本を握ってみた


理科室にあった骨格標本に触ろうとして怒られた経験、ありませんか?

思わず標本に触りたくなるのは、人間の本能(?)かもしれません。そんな標本に自由に触ることができる「水陸両用の生き物展」が東京、埼玉、千葉で順次開催されています。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった


今回訪問したのは東京・吉祥寺の駅からすぐの会場。会社帰りの大人が気軽に立ち寄って楽しんでもらえるよう、アクセスのよい場所にあるスペースを活用し、夕方からの開館となっています。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
「水陸両用の生き物展」看板


標本に触って、さあみんなで考えよう!


お話を伺ったのは、この素敵な生き物展を開かれた「ちそう株式会社」の山本さん。「本当に触っていいんですか?」と恐る恐る質問すると、笑顔で大丈夫ですよと応じていただきました。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ちそう株式会社の山本さん


まず目に飛び込んできたのは、説明パネルの下に置かれたマゼランペンギンの全身骨格と、ハシボソガラスの全身骨格&剥製。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ペンギンとカラスの説明パネル

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ペンギンの全身骨格と、カラスの全身骨格&剥製


全身骨格がビシッとした起立姿勢で目の前にある。それだけでワクワクなのですが、触ってもいいなんて! 恐る恐るタッチしてみます。
ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ペンギンの骨格標本にタッチ!


さらに山本さんは「重さも確かめていいですよ」と言ってくださいました。お言葉に甘えて絶対に壊さないよう手を添えて持ち上げてみます。
ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ペンギンの骨格標本を握ってみた


思っていたよりも軽め。また骨の感触もカッチカチというほど硬くはないけど、脆弱ではなくしっかりしているという印象です。同様にカラスもタッチ。標本に触っちゃった! とそれだけでも単純に楽しいですね。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
カラスの骨格標本にタッチ!


そして山本さんからはより知的好奇心を満たすような話が出てきます。

「水中と陸上で生活するペンギンと、空飛ぶカラス。足を見比べても面白いですよ」

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
マゼランペンギンの足

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった
ハシボソガラスの足


なるほど太さが全然違う。こういう違いって図鑑で見ても気づかないなあ~。

なお、こうやって山本さんと話したり友達連れで会話したりで1時間以上滞在する方も多いとのこと。筆者も骨格の質問をしたところ資料を取り出して説明していただきました。

ペンギンの骨格標本に触れる「水陸両用の生き物展」が凄かった


編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク