review

「半分、青い。」69話。超高速で3年、早くも漫画家生活に翳りが

       


律、再登場


律(佐藤健)は京都にいた。宇佐川(塚本晋也)が京大に移籍したのでついて京大の大学院に入った。
鈴愛の漫画はちゃんと読んでいた。再会の布石、着々。ボクテも律もイケメンはそうそう退場させられない。

だが3年めにして、宇佐川にこの漫画(スズメの漫画)おもしろいですよという話をしているのが謎。先生に「またその漫画読んでるんですか」とか言わせれば時間の経過も表せたのではないかと思うが、そうしないことに何か意味があるのだろう、きっと。だっていままでずっとそういうツッコミをすべてあとで鮮やかにうっちゃってきているから。

しばらく律不足であったが、それを補完するように+act. 7月号 は佐藤健が巻頭特集。「半分、青い。」の勝田プロデューサーと演出家の田中健二の証言も載って読み応えがある。
(木俣冬)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「半分、青い。」69話。超高速で3年、早くも漫画家生活に翳りが」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    いきなり3年とか5年の歳月が流れてる。朝ドラでは定番と言えば定番だが、僕は「あまちゃん」とか「ひよっこ」が好きだっただけにちょっとついて行けない。その3年の間にも色々あったろうに・・・。

    7
  • 匿名さん 通報

    律は大学院で京都ですか。1995年ということなので修士課程の2年目かな。そのうちに描かれるんでしょうが、清とはどうなった? ブッチャーはまだ京都? 奈緒は? 時間が飛んだ分、気になることが多いですね。

    5
  • 匿名さん 通報

    ボクテの性格からして他誌で連載が決まったら秋風に挨拶に来るはず。贈物もするだろう。門前払いされたとしてもここで初の再会というのは無理がある。ドラマ的には刺激があるけど丁寧な作りとはいえない

    4
この記事にコメントする

もっと読む

「半分、青い。」に関する記事

「半分、青い。」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「半分、青い。」の記事

次に読みたい「半分、青い。」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「半分、青い。」

朝ドラ「半分、青い。」

NHK「連続テレビ小説」第98作目で、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインを永野芽郁が演じた。主題歌は星野源の「アイデア」。2018年4月2日〜9月28日放送。

2018年6月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。