review

インドの巨大工場に潜入「人間機械」しょうがない!「悲惨」と「絵面のかっこよさ」は両立するのだ

ドキュメンタリー映画『人間機械』を見た。見たのだが、結果としておれはかなり困惑しているし、モヤモヤした気分である。「悲惨」と「絵面のかっこよさ」は両立すると、改めて突きつけられたからだ。
インドの巨大工場に潜入「人間機械」しょうがない!「悲惨」と「絵面のかっこよさ」は両立するのだ

暑苦しさ2000%! 潜入、インドの巨大繊維工場!


『人間機械』が扱うのは、インド北西部グジャラート州にある巨大な繊維工場だ。工場では布の生産から染色に至るまで、多数の工程を踏む。その中で不可欠なのが、労働者たちと加工用の機械である。カメラはこの工場の内部に入り込み、轟々と音を立てながら動く機械と、その間で仕事をしたり、歩き回ったり、寝たりしながら汗水垂らして働く労働者たちの姿を映す。

労働者たちの仕事の環境は過酷極まる。映画が始まってすぐに映るのは、巨大な釜で火を焚く男の姿だ。それ以降も、ネバネバの染料を力づくでかき回したり、汗だくになりながら機械を操作したりという、地獄みたいな単純労働が延々と映る。工場の中には灯りも乏しく、窓はほとんどない。見ているだけで暑苦しさが伝わってくるようだ。その環境で彼らは1日12時間働き、しかも給料は決して高くない。

工場の機械が稼働している様を映す隙間に、労働者たちへのインタビューが挟まれる。労働者たちは口々に不満を述べる。彼らの中でも数が多いのが、天候不順によって仕事を失った出稼ぎの農民たちだ。仕事を得られれば故郷に仕送りができると思ったものの、手元にあるのはその日暮らしがやっとの金。労働争議に持ち込もうとするも労働者たちはまとまれず、仲間内で文句を言い合うことしかできない。しかも、労働者たちの中には明らかに子供が含まれている。子供たちは大人と同様に長時間働かされ、彼らが回転する機械の脇で居眠りをする様もカメラは映す。危なっかしいことこの上ない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年7月23日のレビュー記事
「インドの巨大工場に潜入「人間機械」しょうがない!「悲惨」と「絵面のかっこよさ」は両立するのだ」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    インドは、レ◯プの国、それだけだよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    蟹工船とは真逆の、資本家に都合のいいアプローチ。フラッシュダンスの工場のシーンみたいな

    0
  • 匿名さん 通報

    格差は社会の原動力。文明が発祥した時から続く社会の原理。

    0
  • 匿名さん 通報

    日本人は、もはや全体的に知能が高くなりすぎて、わけのわからない何っかの一部品の意味不明物体を工場で機械の一部となり生産する単純労働に耐えられなくなった。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース