少年アッシュがどんどん傷ついていく、ボロボロになっていく。それ、見たかった。
アニメ『BANANA FISH』(→公式サイト)。
「第四話 楽園のこちら側」が今日7月26日(木)25:05より、フジテレビ”ノイタミナ”ほかで放送。Amazon Prime Videoで毎話フジテレビ放送開始1時間後より配信予定。
「バナナフィッシュ」美しい少年は壊され続けて山猫になっていく3話
吉田秋生「BANANA FISH」3巻表紙。アニメ三話は刑務所編

性的虐待と不信感


「第三話 河を渡って木立の中へ」はアッシュが刑務所に入ってからの話。順番をシャッフルしつつ、2巻171ページまでをきっちりさらっている。

アッシュに対して起こる出来事は、絶望してもしきれないことの連続。
男だらけの刑務所で、きれいな顔つきのアッシュはいい獲物。
彼は複数人の男に連れられて、図書室で性的虐待を受けてしまう。

3話でアッシュに漂うのは、怒りよりも、人生の諦念だ。
1話2話では、徒手空拳でも無敵の働きをしたアッシュなのに、図書室のシーンでは全く反撃をしていない。これにはちゃんと理由がある(現時点では明かされていないが)。
アッシュ「多勢に無勢なんだもの 殺されちゃもとも子もねーじゃないか」
彼の言葉の裏にある傷は、根深い。

2話ではアッシュは、かつて自分が犯されて撮影されたときの児童ポルノを、彼を目の敵にする刑事にさらされた。
写真も動画も突きつけられた。強靭なように見えるアッシュも、これだけは心底嫌がっている。

子供の頃の性的虐待、男娼としての日々、刑務所での性的暴行。
彼にとって「性」は、愛情のためのものではなく、嫌悪すべき対象だ。