review

韓国製シチュエーションスリラー「7号室」のドタバタはオタクが好きな味。死体とドラッグと開かずの密室!

よくできたシチュエーション・スリラーでありながら、「おっさんとイケメンがひとつの部屋と死体と麻薬を巡ってドタバタする」という、オタク好みのストーリーでもある。『7号室』は、1粒で2度美味しい作品である。
韓国製シチュエーションスリラー「7号室」のドタバタはオタクが好きな味。死体とドラッグと開かずの密室!

開かずの7号室には秘密がいっぱい! おっさんとバイト店員の極限バトル!


この映画で初めて知ったのだが、韓国にも日本でいう個室DVD店にあたる商売があるようだ。店舗の形態は日本とほぼ一緒。客はDVDを選んで部屋に入るという、小さな個室がいくつか連なったスタイルの店である。タイトルの『7号室』は、その個室DVD店の部屋番号だ。

離婚で家庭を失い、10年前に個室DVD店をオープンしたドゥシク。しかしここしばらく客足はすっかり遠のき、家賃も払えず、さらに姉夫婦には借金まで作っている。バイトとして雇っているテジョンの給料も未払いが続く。なんとか店を売却したいドゥシクは不動産屋が店の新オーナー候補をつれてくるタイミングに合わせて新人バイトのハンウクを増員し、店が繁盛しているフリをして売却先を見つけようとする。

一方、バイト代を払ってもらえないテジョンは、知り合いの麻薬密売人からワケありのドラッグを預かることで報酬をもらおうとする。テジョンがドラッグの隠し場所に選んだのは、バイト先の個室のひとつである7号室。そこは滅多に客が来ないことからドゥシクの風水グッズが置かれ、ほとんど誰も入ってこない部屋となっていたのだ。テジョンは椅子の座面の裏にドラッグを隠し、何食わぬ顔でバイトを続けようとする。

あわせて読みたい

  • 男と男の感情の渦で溺れるしかない映画

    男と男の感情の渦で溺れるしかない映画

  • 「犯罪都市」男マ・ドンソク大暴れ!

    「犯罪都市」男マ・ドンソク大暴れ!

  • ソン・ガンホ「タクシー運転手」が熱い

    ソン・ガンホ「タクシー運転手」が熱い

  • 韓国映画「ザ・キング」検事したい放題

    韓国映画「ザ・キング」検事したい放題

  • レビューの記事をもっと見る 2018年8月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース