review

今夜放送「太陽を愛したひと〜1964 あの日のパラリンピック〜」向井理演じる医師は何を実現したか

NHK総合で今夜10時からスペシャルドラマ「太陽を愛したひと〜1964 あの日のパラリンピック〜」が放送される。主演の向井理が演じるのは、1964年の東京パラリンピック開催に尽力し、選手団長も務めた実在の整形外科医・中村裕(ゆたか。1927〜84)だ。

中村裕は、障害者の自立をめざし、パラリンピックに代表される障害者スポーツの振興とともに、障害者たちが働く工場などを備えた「太陽の家」の設立に情熱を注いだ。二つは中村の活動において車輪の両輪ともいえるかもしれない。
ドラマ「太陽を愛したひと〜1964 あの日のパラリンピック〜」の原案となる三枝義浩のマンガ『太陽の仲間たちよ』(画像は同作を収録した『パラリンピックとある医師の物語』講談社)。同作は、主人公の中村裕の同名の著書と、三枝が取材した事実をもとに構成したもの

イギリスで見たスポーツ療法の衝撃


中村は、九州大学の恩師である天児民和(あまこたみかず。ドラマでは松重豊が演じる)の指導のもと、当時未開の分野だった医学的リハビリテーションの道を歩み始めた。さらに国立別府病院(大分県別府市)の整形外科医長を務めていた1960年、障害者の自立の重要性に気づかされるできごとがあった。それは、イギリスのロンドン近郊ストーク・マンデビルの国立脊髄損傷センターにルートヴィヒ・グットマン(1899〜1980)という神経外科専門医を訪ねたことだ。このグットマンこそパラリンピックの創始者である。

グットマンから「この病院の脊損患者(病気や事故で脊髄の機能を損ねて、下半身に麻痺などの障害を起こした人)の85%は6ヵ月の治療・訓練で再就職している」と聞かされた中村は初め、一体どんな特殊な外科手術が行なわれているのかと期待したという。だが、グットマンの“秘術”は手術ではなかった。その秘術とは第一に、複数の専門家(理学療法士、作業療法士、医療体育士など)で構成された回診チームによる科学的治療法であり、そして第二に、スポーツによるリハビリテーションで、患者の体に残っている機能を回復・強化するという治療法であった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

向井理のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「向井理」に関する記事

「向井理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「向井理」の記事

次に読みたい「向井理」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク