review

「絶対零度」最終回だけ観ても絶対楽しめる、だって上戸彩も高橋努も姿だけで背景がわかる超キャッチー9話

いよいよ上戸彩が登場。一応死んでいるということになっていたが、誰も信じてないし驚いてもいないけど、やっぱりワクワクする。「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」
毎週月曜21時〜)9話。

ミハンシステムとは、9割の確率で犯罪を犯す人を事前に探し出す未然犯罪捜査システムのこと。
「絶対零度」最終回だけ観ても絶対楽しめる、だって上戸彩も高橋努も姿だけで背景がわかる超キャッチー9話
イラスト/Morimori no moRi

高橋努と沢村一樹の悲しい関係


最終回手前の第9話は、3人のアクションからスタート。小田切(本田翼)は豪快で荒々しい前蹴りや金的攻撃で相手を悶絶させ、山内(横山裕)は警察らしく払い腰やデスクを使っての飛びつき腕ひしぎ十字固めの柔道技、そして井沢(沢村一樹)はパソコンをイジリながら余裕で相手をいなすという圧倒的強者っぷりを見せつけ、詐欺集団を一掃した。ミハンチームが活躍してますよーというだけの描写。1クールを通して、アクションが好評だったことから作られたシーンと思われる。

今回ミハンが弾き出した危険人物は、SPで警護科のエース石塚辰也(高橋努)。なんでも、殉職した親友の嫁と娘が拉致され、国家公安委員長の滝本健三(山田明郷)を殺せと脅されているらしい。脅されて人を殺そうとしている人をミハンシステムが探知出来るが、脅している側の人間を探知出来ないという不思議は不思議のままで。

この設定が、大切な人を守るために殺人を決意する石塚と、それを止めるためにピストルを用意する井沢という悲しい関係性を生んでいる。

なんて便利なのだ、高橋努!


「今作は、説明が短いおかげで展開が早い」みたいなことをこのレビューで何度か説明しているのだが、制作側にとって高橋努という役者の説明不要具合は、めちゃくちゃ便利だったのではないだろうか。

あわせて読みたい

  • 「絶対零度」本田翼横山裕のアクション

    「絶対零度」本田翼横山裕のアクション

  • 「絶対零度」バレバレでも輝く沢村一樹

    「絶対零度」バレバレでも輝く沢村一樹

  • 「絶対零度」サイコパスは緊張しにくい

    「絶対零度」サイコパスは緊張しにくい

  • 「絶対零度」本田翼信念のアクション

    「絶対零度」本田翼信念のアクション

  • レビューの記事をもっと見る 2018年9月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    絶対零度

    「絶対零度」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース